ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

遊戯王

【遊戯王】最新環境での大会上位デッキ分布

『デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ』発売以降(2017年8月12日以降)環境の大会で上位の成績を収めたデッキテーマの分布を数値化↓(デッキレシピはリンク先でまとめてます) 【恐竜真竜竜星】18 【真竜】9 【ABC】6 【魔弾】4 【ヴェルズ】2 【…

大会で結果を残した【AFKozmo】デッキ考察

2017年8月20日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ 哲会 〜竜星のあらしINワールド〜 2位【AFKozmo】 【Kozmo】にアーティファクトを出張させたデッキで、どちらのテーマも相手ターンでの特殊召喚がメインになることから、《命削りの宝札》《強欲で謙虚な壺》と…

【遊戯王】環境で採用率の高いカードTOP10(サイドデッキ編)

大会上位のデッキからサイドデッキでの採用率の高いカードを集計しました。(随時更新) 『デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ 』発売以降(2017年8月11日以降)環境 1位 《増殖するG》 【命削り真竜】以外のデッキほぼ全てに刺さるという性質か…

【遊戯王】環境で採用率の高いカードTOP10(エクストラデッキ編)

大会上位のデッキからエクストラデッキでの採用率の高いカードを集計しました。(随時更新) 『デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ』発売以降(2017年8月11日以降)環境 1位 《励輝士 ヴェルズビュート》 強力なリセット効果を持つランク4。これさ…

【遊戯王】環境で採用率の高いカードTOP10(メインデッキ編)

大会上位のデッキからメインデッキでの採用率の高いカードを集計しました。(随時更新) 『デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ』発売以降(2017年8月11日以降)環境 1位 《灰流うらら》 新たな汎用手札誘発で効果ドロー・サーチ・リクルート・墓地…

【魔弾】大会上位のデッキレシピまとめ

2017年8月20日 東京遊戯CS with はっちCS 2位B【魔弾】 2017年8月19日 海色杯 3位【魔弾】 2017年8月19日 第8回JGP岩手 ベスト8【魔弾】 2017年8月12日 第4回釜CS ベスト4-1A【魔弾】

《リンクリボー》の登場で《簡易融合》の汎用性がさらに上がった件

《リンクリボー》が登場したことで《簡易融合》一枚からお手軽切り返し&制圧ができるようになりました。 その動きがこれ↓ 《簡易融合》発動し《サウザンド・アイズ・サクリファイス》特殊召喚から相手モンスターを吸収 →サクリファイスを素材に《リンクリボ…

大会で結果を残した【ヴェルズ】デッキ考察

2017年8月12日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ 第4回釜CS ベスト4-2A【ヴェルズ】 【ヴェルズ】最大の強みと言えば《ヴェルズ・オピオン》。 で今の環境のトップメタは【恐竜真竜竜星】と【真竜】でどちらも高レベルモンスターを軸に戦うデッキ。 これは、…

【ABC】のサイドデッキには《御前試合》採用が有効!?

2017年8月12日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ Hatti Grand Challenge Cup with CB横浜ハセキョン 2位【ABC】 このデッキの特徴はサイドデッキに《御前試合》が3積みされていたこと。 【ABC】のメインギミックであるABCユニオン⇔《ABC-ドラゴン・バス…

大会で結果を残した【魔弾】デッキ考察

新テーマ【魔弾】が早速大会で結果を残しました↓ 第4回釜CS ベスト4-1A【魔弾】 魔弾の基本的な動きはこちら↓ このデッキの特徴はドローソースが大量に採用されていたこと。 デッキ回転力を上げキーカードの《魔弾の射手 カスパール》展開を安定させる意図も…

大会優勝した《マグネット・リバース》採用型【ABC召喚獣】デッキ考察

2017年7月22日開催の大会で優勝したデッキ↓ ショップ大会(2017/7/22)1位【ABC召喚獣】 《召喚師アレイスター》と手札のユニオンから《召喚獣メルカバー》を融合召喚しつつ、墓地肥やしから《ABC-ドラゴン・バスター》展開も狙っていくデッキ。 このデ…

【恐竜真竜竜星】大会上位のデッキレシピまとめ

2017年8月20日 東京遊戯CS with はっちCS 1位A【恐竜真竜竜星】 2017年8月20日 東京遊戯CS with はっちCS 3位A【恐竜真竜竜星】 2017年8月20日 東京遊戯CS with はっちCS 3位B【恐竜真竜竜星】 2017年8月20日 哲会 〜竜星のあらしINワールド〜 ベスト4【恐竜…

“グラットンリンクリボー”ギミックがマジで優秀!

優秀な除去効果を持つ《百万喰らいのグラットン》から《リンクリボー》を展開するム-ブが強いです。 《百万喰らいのグラットン》で切り返しつつ、それを素材に《リンクリボー》を展開することで相手ターンの戦闘でもプレッシャーをかけることが出来る。レベ…

カオスに星遺物も!?大会優勝した【マスクHERO】デッキ考察

2017年8月12日開催の大会で優勝したデッキ↓ Hatti Grand Challenge Cup with CB横浜ハセキョン 1位【マスクHERO】 基本的にはベーシックな【マスクHERO】構築ですが、このデッキで特徴的だったのは《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》が採用されていたこ…

サーチギミックがヤバい!新テーマ【天気】考察

2017年8月11日発売の『デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ』で登場した新テーマ【天気】。 天気模様から天気モンスターをフリーチェーンで除外しながらアドバンテージを取っていく戦い方をするテーマ。 天気モンスターは除外されても自身の②効果か…

新テーマ【魔弾】これは久々に面白そうなテーマがキタぞ!

2017年8月11日発売の『デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ』で登場した新テーマ【魔弾】。 魔弾モンスター①共通効果からフリーチェーンで魔弾魔法・罠を撃ち、②効果から弾を補充(アド獲得)していくという戦い方。 下級モンスターを汎用魔法・罠…

影六武衆ってちょっと地味過ぎない・・?

2017年8月11日発売の『デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ』で待望の【六武衆】新規が登場。 その効果を見てみると↓ あれ?どれも地味じゃね? 自身の効果で展開力を上げられる六武衆がいないのが何より残念。②の共通効果は悪くないものの、“六武…

大会で結果を残した《炎王獣 ガネーシャ》採用型【インフェルノイド】デッキ考察

2017年7月23日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ 東京遊戯CS 2位B【インフェルノイド】 このデッキの特徴は《炎王獣 ガネーシャ》が3積みされていたこと。 インフェルノイドは炎属性であるため《炎王獣 ガネーシャ》①効果のコストに使うことができる。インフ…

《天岩戸》は【インフェルノイド】の救世主かもしれない

《灰流うらら》という最大の天敵が登場したことで【インフェルノイド】はここしばらく環境で結果を残せなくなっています。 特に今の環境はどのデッキも《灰流うらら》が必須で採用されてますからね。この“うららゲー環境”に墓地肥やしからしか動けない【イン…

海外大会で優勝した《同胞の絆》採用型【ABC】デッキ考察

2017年7月29日開催の海外大会で優勝したデッキ↓ 第7回CHINA NATIONAL CS 予選 武漢 1位B【ABC】 このデッキはとにかく《ABC-ドラゴン・バスター》展開を安定させることに特化した構築になっていたのが特徴。 現在流行中の《こけコッコ》や《亡龍の戦慄-…

海外で流行中!?《究極進化薬》採用型【恐竜真竜竜星】デッキ考察

2017年7月29日開催の海外大会で上位入賞したデッキ↓ 第7回CHINA NATIONAL CS 予選 広州 1位B【恐竜真竜星】 このデッキの特徴はメインデッキから《究極進化薬》が採用されていたこと。 このカード最大のメリットは《究極伝導恐獣》をリクルートできること。 …

大会優勝した【カオストリックスター】デッキ考察

2017年7月22日開催の大会で優勝したデッキ↓ はっちCS×大嵐杯 in 香川 1位【カオストリックスター】 光属性主体のトリックスターに闇属性の汎用メタカードを多数採用することで《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》を展開できるようにしたデッキ。 カオスデ…

《No.41 泥睡魔獣バグースカ》が【恐竜竜星】でめちゃ強な理由

《No.41 泥睡魔獣バグースカ》が【恐竜竜星】と相性良いみたいです。 このカードの②効果から全てのモンスターを守備表示にしつつ効果無効することができ、このカードを出したターンで数えて最大3ターンまではこのロック状態を維持できる。 このロックは…

《霞の谷の巨神鳥》を採用した【EM魔術師】が大会上位に!P召喚との相性が神!

2017年7月23日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ はっちCS×大嵐杯 in 香川(チーム戦)1位C【EM魔術師】 このデッキの特徴は《霞の谷の巨神鳥》が3積みされていたこと。 魔術師はPスケール8のPモンスターが豊富なことからレベル7の《霞の谷の巨神鳥》を安…

大会で結果を残した【メタル真竜ABC】デッキ考察

2017年7月22日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ 第7回JGP F 宮城 in シーガル泉バイパス店 ベスト8【メタル真竜ABC】 【メタルセフィラ真竜】にABCギミックも出張したデッキ。 メタルフォーゼでの破壊とP召喚を絡めることで《ユニオン格納庫》一枚から《A…

【召喚獣】に《精神操作》が相性良すぎでワロタ

【召喚獣】に《精神操作》を採用するとメルカバーが捗ります。 以下そのコンボ↓ 手札に《召喚師アレイスター》と《精神操作》がある状態で 《召喚師アレイスター》通常召喚し《召喚魔術》サーチ →《精神操作》発動し相手モンスター1体のコントロール奪取しア…

大会で結果を残した《封印の黄金櫃》採用型【恐竜真竜竜星】デッキ考察

2017年7月22日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ はっちCS×大嵐杯 in 香川 4位【恐竜真竜星】 このデッキで特徴的だったのは《封印の黄金櫃》が3積みされていたこと。 このカードを使うことで《ジャイアント・レックス》をデッキから特殊召喚することができ…

《素早いビーバー》一枚からヴァレルロードを出せる!?

《素早いビーバー》一枚からリンク4を展開することが出来ます。 以下そのコンボ↓ 《素早いビーバー》通常召喚し効果で《素早いアンコウ》リクルートから二体で《マスター・ボーイ》リンク召喚 →《素早いアンコウ》効果で《素早いビーバー》二体をリクルート…

《クリムゾン・ブレーダー》が今の環境メタとして有効な理由

今の環境のトップメタは【魔導真竜召喚獣】【恐竜竜星】【恐竜真竜星】【ABC】などですが、これらのデッキにはある共通点があります。それは高レベルモンスターが火力源であること。 【魔導真竜召喚獣】は真竜と召喚獣、【恐竜竜星】【恐竜真竜星】はボウテ…

《ロストワールド》を使った恐竜コンボが強い!【今更】

コンボ1 手札二枚からトリシューラ 手札に《ロストワールド》と《魂喰いオヴィラプター》がある状態で 《ロストワールド》発動→《魂喰いオヴィラプター》通常召喚し①効果で《幻想のミセラサウルス》サーチ →《ロストワールド》②効果で相手フィールドにジュラ…

現環境最強コンボ!【恐竜真竜竜星】のトリシュV.F.D.展開

今の環境デッキで最もぶっ壊れたコンボを持つのは間違いなく【恐竜真竜竜星】でしょう。 手札二枚からトリシューラを経由して超制圧布陣を作ることができます。 そのコンボがこれ↓ 手札に《ドラゴニックD》《魂喰いオヴィラプター》がある状態で 《魂喰いオ…

【HERO】に《ドラゴノイド・ジェネレーター》採用でBloo-D展開がお手軽に!?

《ドラゴノイド・ジェネレーター》を使えば《D-HERO Bloo-D》展開が捗る模様。 《ドラゴノイド・ジェネレーター》発動し効果でトークン二体生成→《E・HERO エアーマン》通常召喚し効果で《D-HERO Bloo-D》サーチ →これでフィー…

ゴウフウ使えばヴァレルロード余裕でした。。

《BF-朧影のゴウフウ》を使ったお手軽《ヴァレルロード・ドラゴン》展開の紹介。 手札に《BF-朧影のゴウフウ》と効果モンスターがある状態で 《BF-朧影のゴウフウ》特殊召喚し①効果でトークン二体生成→トークン二体で《プロキシー・ドラゴン》リン…

《トリックスター・ブラッディマリー》の登場で【トリックスター】大幅強化確定!?

Vジャンプ2017年9月号の応募者全員サービスパックで登場する新規カード↓ 《トリックスター・ブラッディマリー》 リンク2/光属性/天使族/攻2000【リンクマーカー:右/左下】 「トリックスター」モンスター2体このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか…

新しいタイプのデッキが大会優勝!【幻煌龍メタビート】デッキ考察

2017年7月15日開催の大会で優勝したデッキ↓ 第2回群雄割拠杯 1位B【幻煌龍メタビート】 《幻煌の都 パシフィス》を軸とした新しいタイプのメタビートデッキ。 このデッキ唯一にして最大の攻め手がこのカード②効果から生成されるトークン。非常に緩い条件でト…

デストルドーとダークヴルム採用で【ABC】は超展開コンボが可能に!?

2017年7月15日開催の大会で優勝したデッキ↓ 第166回ALANN CUP 1位C【ABC】 このデッキの特徴は《亡龍の戦慄-デストルドー》と《覇王眷竜ダークヴルム》が3積みされていたこと。 この二枚を採用することで手札三枚から《ヴァレルロード・ドラゴン》と《AB…

《天岩戸》を採用した【命削り真竜】が大会上位に!その活用法は?

2017年7月16日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ はっちCS×ドラスタ杯 in ドラゴンスター岸和田春木店 2位B【命削り真竜】 このデッキの特徴は《天岩戸》が採用されていたこと。 このカードをまず場に出すことで、安全に真竜展開を通せるようになるのが強み。…

大会で結果を残した【魔導ブラマジ】デッキ考察

2017年7月9日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ 海色杯 ベスト8【魔導ブラマジ】 【ブラックマジシャン】に魔導ギミックを出張しデッキ回転力を高めた構築。 《マジシャンズ・ロッド》や《幻想の見習い魔導師》が《ルドラの魔導書》のコストとして相性が良く…

【ABC】に《こけコッコ》採用でドラゴン・バスターが捗りまくり!?

2017年7月9日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ 海色杯 3位【ABC】 このデッキで特徴的だったのは《こけコッコ》が3積みされていたこと。 このカードを絡めることで初動《ABC-ドラゴン・バスター》の安定性が大幅に向上します。 以下そのコンボ↓ 先行パタ…

大会で結果を残したデストルドー採用型【ABC】デッキ考察

2017年7月9日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ 哲会 〜竜星のあらしINワールド〜 ベスト8【ABC】 このデッキで特徴的だったのは《亡龍の戦慄-デストルドー》が採用されていたこと。 このカードを絡めることで《ABC-ドラゴン・バスター》を簡単に展開す…

大会優勝した【恐竜竜星】に見る《フォトン・スラッシャー》採用の有用性

2017年7月9日開催の大会で優勝したデッキ↓ 海色杯 1位【恐竜竜星】 このデッキで特徴的だったのは《フォトンスラッシャー》が3積みされていたこと。 このカードと《魂喰いオヴィラプター》を組み合わせることで【恐竜竜星】は強力な切り返し&制圧展開がで…

《素早いビーバー》はペンデュラムデッキの強化カード!?

2017年7月8日発売の『サーキットブレイク』で登場した新カード↓ 同名カードをリクルート・蘇生できるのがポイントで、これ一枚から二体の《素早いビーバー》を揃えることで、《マスター・ボーイ》のリンク召喚または《No.64 古狸三太夫》のX召喚が狙える。 …

環境で早くも投入!《拮抗勝負》は新たな汎用罠カード!?

『サーキットブレイク』発売以降の大会で《拮抗勝負》を採用したデッキがいくつか結果を残しています↓ 哲会 〜竜星のあらしINワールド〜 1位【壊獣トリックスター召喚獣】 哲会 〜竜星のあらしINワールド〜 ベスト8【インフェルノイド】 個人的にはあまり注…

死んだら増殖!?新テーマ【クローラー】カード考察

2017年7月8日発売の『サーキットブレイク』で登場した新テーマ【クローラー】。 下級クローラーは①効果のリバース効果と②の共通効果を持つ。クローラー二体をリクルートできる②効果が非常に強力だが、完全に相手依存の効果であるため、基本的には効果除去へ…

《スケープ・ゴート》を使った【クローラー】ロック&増殖コンボ

手札にクローラーがあり、《スケープ・ゴート》がセットされている状態で 相手エンドフェイズに《スケープ・ゴート》発動→自ターンにトークン一体を素材に《リンク・スパイダー》リンク召喚 →トークン二体を素材に《エクスクローラー・シナプシス》を《リン…

新テーマ【ヴァレット】活用法や相性の良いデッキ考察

2017年7月8日発売の『サーキットブレイク』で登場した新テーマ【ヴァレット】。 ヴァレットはリンクモンスターの効果の対象になった時に発動する①効果と、戦闘・効果破壊したエンドフェイズに後続のヴァレットをリクルートする②効果をそれぞれ共通効果として…

《ヴァレルロード・ドラゴン》の登場で《スケープ・ゴート》の価値がまた上がってしまった件

2017年7月8日発売の『サーキットブレイク』で登場する新規カード↓ ①効果の耐性、②効果のデバフ、③効果のコントロール奪取といずれも汎用性の高い効果を持ち、攻撃力も3000と高い。 他のモンスターの展開が必要な《ファイアウォール・ドラゴン》《トポロジッ…

《亡龍の戦慄-デストルドー》を絡めた手札一枚からの【竜星】シンクロコンボ

手札に《終末の騎士》がある状態で 《終末の騎士》通常召喚し効果で《亡龍の戦慄-デストルドー》をデッキから墓地に送る →《亡龍の戦慄-デストルドー》効果で《終末の騎士》を対象としレベル3となって自己蘇生から二体で《邪竜星-ガイザー》S召喚 →《邪…

《亡龍の戦慄-デストルドー》の登場で《終末の騎士》一枚からレベル7シンクロが可能に!

2017年7月8日発売の『サーキットブレイク』で登場する新規カード↓ ライフ半分というコストはあれど手札・墓地から特殊召喚できる非常に優秀なチューナーで、対象にしたモンスターと合わせることで確実にレベル7シンクロに繋げられるのが特徴。 でこのカード…

《メタバース》の登場は《テラ・フォーミング》禁止の布石!?

2017年7月8日発売の『サーキットブレイク』で登場する新規カード↓ 罠版《テラ・フォーミング》。罠カード故の遅さはあるものの、こちらはデッキから直接発動することもできるため、サーチメタに強いというメリットがある。 これでフィールド魔法の汎用サーチ…