ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

トップメタを喰えるデッキ?最近環境入りしてきた【列車】デッキ考察

最近大会でちょくちょく結果を残している【列車】というデッキ。

簡単に言えばランク10のエクシーズに特化したデッキなんだけど、シンクロ・エクシーズに滅法強い【影霊衣】、【シャドール】がトップメタの現環境でただのエクシーズデッキが結果を残せるわけがない!といろいろ調べてみた結果、、

とんでもないトップメタ喰いデッキだったでござる。。

 

【列車】デッキの動き

ギミックの中核をなすカードはこの4枚↓

f:id:bonkula-t:20150130200923j:plain

f:id:bonkula-t:20150130200924j:plain

f:id:bonkula-t:20150130200925j:plain

f:id:bonkula-t:20150130200926j:plain

《転回操車》とキーモンスター三体のシナジーが凄まじく、この四枚だけで安定したランク10エクシーズをほぼ毎ターン展開できる。《無頼特急バトレイン》と《重機貨列車デリックレーン》はエクシーズ素材からでもアドを取っていける点も優秀。

 

ランク10のエクシーズモンスターはどれも優秀で

種類を問わない除去能力とバーン効果を持つ《超巨大空中宮殿ガンガリディア》

f:id:bonkula-t:20150130200927j:plain

強力なバーンから一気にゲームエンドへ持ち込める《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》

f:id:bonkula-t:20150130200928j:plain

効果を受け付けなくする効果で屈指の場持ちを誇る《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》

f:id:bonkula-t:20150130200929j:plain

そしてそれら三対はいずれもステータスが高く戦闘に滅法強いのが最大の強み。

特に《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》は環境に対しての相性も良く、【影霊衣】の《ブリューナクの影霊衣》《トリシューラの影霊衣》f:id:bonkula-t:20150125040851j:plain

f:id:bonkula-t:20150128203644j:plain

【シャドール】の《エルシャドール・ネフィリム》

f:id:bonkula-t:20150121031032j:plain

【クリフォート】の《クリフォート・アーカイブ》

f:id:bonkula-t:20150130200930j:plain

等の優秀な除去能力を持つモンスターの効果は軒並み受けつけず、そのまま戦闘破壊に持っていける。

モンスター効果だけでなく、魔法・罠の効果も受け付けず、戦闘破壊しようにもステータスが高すぎるため相手にしたら“ちょうどきゅう”に厄介なカードである。

 

とメインのギミックだけでも環境上位のデッキと相対できる能力のある【列車】ですが、“トップメタ喰い”と言われる所以はこのカードが採用できるところ↓

f:id:bonkula-t:20150130200931j:plain

《魔封じの芳香》は【影霊衣】【シャドール】【クリフォート】すべてに刺さる現環境最強のメタカードであり、【影霊衣】【シャドール】に対しては展開の起点となる儀式、融合魔法の発動を遅らせる、【クリフォート】に対してはペンデュラムゾーンそのものを封じる(ペンデュラムモンスターを魔法カード扱いでペンデュラムゾーンにセットする事はできないため、この効果の適用中は発動そのものが不可能となる)ことができる。

【列車】は《転回操車》さえ場にあれば毎ターン安定してモンスターの展開ができるためこのカードの影響は受けづらく、セットされた相手魔法カードは《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》や《重機貨列車デリックレーン》、レベル10を三体並べられる状態なら《超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤー》

f:id:bonkula-t:20150130200932j:plain

などで一気に除去しつつ展開していくことができる。

 

またステータスの高いモンスターを多用する点から【影霊衣】【シャドール】をはじめ幅広いデッキに刺さる《スキルドレイン》

f:id:bonkula-t:20150128203624j:plain

とも相性がよく、《魔封じの芳香》と合わせて採用することでメタハイビートに特化した構築にすることも可能。

 

構築とサンプルレシピ

第4回PCS 4位C【列車】: デッキレシピ - 遊戯王☆カード検索

 

《転回操車》がないと回らないデッキであるため、三積みはもちろん、それをサーチする《テラ・フォーミング》も当然三積み、さらに上記のレシピでは《惑星探査車》も三積みしている。

f:id:bonkula-t:20150130200933j:plain

f:id:bonkula-t:20150130200934j:plain

一見少々やりすぎにも思えるが《転回操車》の①の効果によりそれらのサーチカードが手札でダブついても手札交換できる点、《惑星探査車》は地属性・機械族であることから《重機貨列車デリックレーン》特殊召喚のトリガーにもなり、モンスターであることから蘇生カードから効果を再利用できる点、何より《転回操車》の安定発動が第一のデッキである点から、現在の構築ではこれらすべての三積み採用がデフォとなっている。

キーカードが少ない分それ以外のスロットは展開の安定や環境メタなど自由度の高い構築ができるのも魅力。

 

弱点

キーカードがフィールド魔法である点、《魔封じの芳香》や《スキルドレイン》などの罠カードを多様する点から【クリフォート】と同じく魔法・罠除去を多数採用されると一気にキツくなる。

悲しいかな現在のサイドデッキ環境は【クリフォート】対策として魔法・罠除去カードの採用率がかなり高いため、【列車】のほうも見事にその被害を被るカタチとなっている。

そのためメイン一戦目ではメタの相性から【影霊衣】【シャドール】【クリフォート】すべてに対して有利に戦えるものの、サイド後の勝率は一気に下がる傾向があり、メインのメタ環境では強いのにサイドのメタ環境では滅法弱いという現環境の中でもかなりおもしろい立ち位置のデッキになっている。

 

メインは特急、サイドからは各駅停車、操車がうまくいかなければ人身事故も多発な【列車】デッキをキミは乗りこなせるか?・・・ってやかましいわ!