ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

新カード《星守の騎士 プトレマイオス》が環境に大きな変動をもたらしそうな件

2015年2月14日発売の 「クロスオーバー・ソウルズ」に収録される新カード↓

星守の騎士 プトレマイオス
星4 光属性 戦士族・エクシーズ ATK/550 DEF/2600
レベル4モンスター×2体以上
①:このカードのX素材を3つまたは7つ取り除いて発動できる。
●3つ:「No.」モンスター以外の、このカードよりランクが1つ高いXモンスター1体を、自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
●7つ:次の相手ターンをスキップする。
②:お互いのエンドフェイズ毎に発動できる。自分のエクストラデッキの「ステラナイト」カード1枚を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

 

このモンスターの効果以上にレベル4二体から出せる「テラナイト」Xモンスターであることに非常に大きな意味があります。

 

その“大きな意味”となるのがこのカードの存在↓

f:id:bonkula-t:20150203100616j:plain

 

レベル4二体から《星守の騎士 プトレマイオス》を経由することで簡単に《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》に繋がげることができるようになった!

 

対【シャドール】戦の変化

《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》、効果を見て分かる通り完全に【シャドール】メタのXモンスターです。

①の効果で《影依融合》のデッキからの融合と融合シャドールのサルベージ効果を封じ、②の効果で下級シャドールの効果すべてを封殺する。(②の効果はダメステでも発動でき1ターンの回数制限も無い)

 

特に《影依融合》を封殺できる点が大きく、

f:id:bonkula-t:20150205211948j:plain

これまでこのカードの存在により対【シャドール】戦において圧倒的に不利だったランク4エクシーズ主体のデッキに大きな希望の光が差し込みました。

《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》を先出しできれば【シャドール】側のアド源を完全に奪うことで一気に優勢に持ち込むことができ、逆に【シャドール】側はこのモンスターを意識した構築をせざる得なくなるため新たなメタゲームの展開が期待できます。

 

《星守の騎士 プトレマイオス》登場後の環境の変化

トップメタの中でも最も分が悪かった【シャドール】との相性差が縮まったことでランク4主体のデッキが再び環境入りできる可能性が生まれてきました。

その中でも最有力候補はサポートカードを共有でき、かつ単純にデッキパワーの強い【テラナイト】。《星守の騎士 プトレマイオス》の①の効果を利用できる機会も多く、そこから相手ターンに《セイクリッド・プレアデス》を特殊召喚という強力な動きも可能になった。

f:id:bonkula-t:20150205211947j:plain

 

個人的には同じく環境トップに強い《デビル・フランケン》f:id:bonkula-t:20150203032446j:plain

を併用できる【ガジェット】なんかも熱いんじゃないかと思ったりしています↓


今だからこそ古参カード《デビルフランケン》を加えた古参デッキ【ガジェット】が強いんじゃないかという話 - ボンクラの哲学

 

新パックの発売後はさらに環境が面白くなっていきそうな予感。

まったく、バレンタインが今から楽しみだぜ。。