ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

BFデッキが準優勝だと・・・?環境メタを読みきった最新BFデッキ考察

BFデッキが大会で結果残しとる!

俺のターン!! : 【大会結果】第1回ジェネレーション・マッチ

 

チーム戦ではありますが準優勝デッキにまさかの【BF】の文字。


大幅規制緩和と新カードで一気に強化された最新BFデッキ考察 - ボンクラの哲学

 

↑こんな記事も書いたけどまさかほんとに結果を残すとは・・・

というわけでこの記事ではそんな最新大会で結果を残したBFデッキ考察をしていきます。

 

大会準優勝のBFデッキ考察

まずそのレシピがこちら↓

【準優勝】第一回 ジェネレーションマッチ 大将 ケ さん(BFデッキレシピ) - 復刻版 シェルティーのお茶会

 

個人的に一番注目したいのが罠カードの採用。

まずはこの二枚↓

f:id:bonkula-t:20150130200931j:plain

f:id:bonkula-t:20150216141934j:plain

 

《ゴッドバードアタック》は鳥獣族主体のBFと相性が良く昔からセットでよく採用されてたんだけど、このカードが「《魔法封じの芳香》と相性良いじゃん!」っていう着眼点は見事。

《ゴッドバードアタック》は《魔法封じの芳香》で強制セットされた魔法カードをフリーチェーンで最大二枚破壊できるというのが大きく、確実に“魔法を使わせる前に破壊”という魔法からの展開が主体である三大トップメタデッキすべてが嫌がる動きが可能。

もちろんどちらかだけでも十分な働きが期待できるカードなため片方だけきて腐るという心配もない。

 

続いてこれ↓

f:id:bonkula-t:20150203032436j:plain

BFは特殊召喚を多用し、制圧力や高ステータスモンスターの展開が得意なテーマでもないため一見すると《虚無空間》(しかも三3積み!)とは相性が悪いように思える。

しかしこれは環境メタならではの採用で、ほぼ対【影霊衣】専用の3積みといっていい。

【影霊衣】は《虚無空間》を張られるとメインの儀式召喚はすべて封じられるのはもちろん、通常召喚可能な下級モンスターも低ステータスなものが多い↓


【影霊衣】で採用候補となる下級モンスターまとめ - ボンクラの哲学

 

その点BFは下級モンスターもアタッカークラスのステータスをもつモンスターが多く、《BF-月影のカルート》といった優秀な戦闘補助もあるため、

f:id:bonkula-t:20150123075714j:plain

対【影霊衣】では《虚無空間》さえ張れば単純に下級モンスターのステータス差で有利に持ち込める。

 

またBFだからこそ容易に出せるエクシーズモンスター《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》もこのカードと相性が良く、

f:id:bonkula-t:20150216141937j:plain

下級モンスターのステータスでBFと渡り合え、特殊召喚以外の除去手段もある【シャドール】【クリフォート】相手にもマスター・キー・ビートルを先出し出来れば《虚無空間》を機能させることができる。

 

最後の罠枠がこれ↓

f:id:bonkula-t:20150208231938j:plain

普通に扱いやすい汎用罠なんだけど、BFでは《BF-精鋭のゼピュロス》や《BF-極北のブリザード》からS召喚しやすい《獣神ヴァルカン》で容易に再利用できるためより有効なカードになる。

f:id:bonkula-t:20150216141935j:plain

f:id:bonkula-t:20150216141936j:plain

 

モンスター・魔法の採用は割りと王道なBFなんだけどシンクロ・エクシーズ主体というよりは上記の環境メタ罠で相手を封殺しつつ展開力のある下級アタッカーBFで一気に押し切るっていうメタビートよりな、それでもしかっりBFらしさは満載なデッキであるところもイイ味だしてます。

 

メタゲームを読みきった構築で予想外の中堅テーマが結果を残すというのは非常におもしろいですね。特に今の遊戯王は昔の単純なアドとカードパワーの時代に比べ、よりメタと相性を重視した良い意味での“じゃんけん環境”になっているため、こういうデッキが結果を残せる下地は揃っているはず。

こういうデッキがどんどん環境をかき乱してくれたらより面白くなっていきそうです。