ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》実はレベル4三体から出せる汎用エクシーズだった件

『クロスオーバー・ソウルズ』で誰もが二度見したであろう新エクシーズ↓

f:id:bonkula-t:20150222094430j:plain

テーマ的には割と古参である「サイバー・ドラゴン」の新規ですが、まあとにかくTUEEEEE!

 

除去と制圧どちらもできてしまうっていうのが恐ろしい。。イメージとしては《No.101 S・H・Ark Knight》と《神竜騎士フェルグラント》の効果が合わさったような感じ。

f:id:bonkula-t:20150219082356j:plain

f:id:bonkula-t:20150222094428j:plain

ほんとただ強カードですマジでインフィニティしてます

 

《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》を使えるデッキは?

機械族・光属性レベル6モンスター×3という条件はまず無理なので、もう一つの召喚条件である『「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」の上に重ねてX召喚』がメインとなる。

f:id:bonkula-t:20150222094429j:plain

でこの《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》のX召喚には『機械族レベル5モンスター×2』が必要で、

「いや~この条件もなかなか厳しいな~。【サイバー・ドラゴン】を作るにしても環境で戦うにはちょっと厳しそうだし。《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》は強いけど出しにくいモンスターなんですかねぇ~。(アヘ顔」

 

なんて思っていた時期がボクにもありました。

 

実は簡単に出せる《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》

ここでようやく記事タイトルの話になってくるんだけど、このカードはレベル4三体から容易に出せてしまうのです。

それを可能にするのが同じく『クロスオーバー・ソウルズ』で登場したこのカード↓

f:id:bonkula-t:20150215000847j:plain

エクシーズ素材を三つ取り除くことでナンバーズ以外の任意のランク5XモンスターをX召喚できる効果。で《星守の騎士 プトレマイオス》のX召喚条件は『レベル4モンスター×2体以上』であるため三体素材でX召喚すれば即効果で《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》に繋げられそこから、、

 

《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》X召喚じゃにぃ~!(アヘ顔ダブルピース

 

そしてこのギミックを取り込んだのが『クロスオーバー・ソウルズ』後の大会で結果を残した【テラナイト】でした↓

第1回秩父CS 2位【テラナイト】 : デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

《星守の騎士 プトレマイオス》からは対【シャドール】で強力な制圧力を誇る《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》に繋げる事も可能↓

f:id:bonkula-t:20150203100616j:plain

《星守の騎士 プトレマイオス》、《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》の四種は【テラナイト】をはじめとしたランク4エクシーズ主体のデッキ全般を新たな次元に引き上げてくれたのです

 

ただここまでレベル4軸から簡単に出せてしまうと、テーマ的には本家である【サイバー・ドラゴン】を組む理由がなry。。