ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

新制限後の【シャドール】はシンクロシャドール構築が熱い!?

4月1日からのリミットレギュレーションでトップメタの中でもかなり痛い規制を喰らった感のあるシャドール↓

俺のターン!! : 2015年4月1日施行 リミット・レギュレーション【新禁止・制限】

 

そんな中、新制限で行われた大会でベスト8に入賞した【シャドール】構築から新たな可能性を感じたのでその考察をば。

第8回でゅえりおホビステCS ベスト8 【シャドール】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

特別変わった構築というわけではないんだけど、個人的に注目だったのが《エフェクト・ヴェーラー》と《幽鬼うさぎ》の三積み。

f:id:bonkula-t:20150128203627j:plain

f:id:bonkula-t:20150215000852j:plain

この二枚は汎用手札誘発であると共にチューナーでもあるのがポイント。

 

新制限後の【シャドール】は《エルシャドール・ネフィリム》が禁止されたことで切り返し能力が大きく弱体化し、《神の写し身との接触》の制限化と合わせて融合エルシャドールだけに頼る構築は非常に困難になった。かといって融合要素は抑え、下級シャドールのアド能力に着目したデッキを作ろうにも相性の良かった《クリバンデット》《マスマティシャン》が制限化されたことで、それも厳しい。

つまり、新制限後の【シャドール】は『融合を軸としながらもそれ以外の勝ち筋もある』という構築が求められる。

 

そこで出てきたのが上記の汎用チューナーと《影依融合》3積みですよ!

f:id:bonkula-t:20150205211948j:plain

このデッキの主な戦い方はこんな感じなんじゃないでしょうか。

相手が展開していない場合→制圧力のあるエルシャドール+ヴェーラーやうさぎの手札誘発で相手を封殺しながらビート

相手が強力なモンスターを展開している場合→《影依融合》+手札のチューナーでアドを取りながら強力なSモンスターで切り返し

 

《エルシャドール・ネフィリム》が抜けた穴をシンクロモンスターで補完しようといった戦略で、エルシャドールと《エフェクト・ヴェーラー》《シャドール・ファルコン》《幽鬼うさぎ》の組み合わせで非常に幅広いレベル帯のSモンスターを出していけるのが強み。

状況に応じて融合での制圧かシンクロでの切り返しかを選択しつつ、ヴェーラーとうさぎも手札誘発としてかチューナーとしてか状況に応じて使い分けていく必要があるため、そこら辺が、、まあ楽しい!

 

厳しい規制を受けたからこそ新たな可能性がいろいろ出てきそうな【シャドール】構築。環境でのポジションと合わせてこれからの動向に期待です。