ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

ライオウとハルベルトがどうやら今の【影霊衣】のトレンドらしい

テーマのギミックでは召喚権をほぼ使用しない分、下級モンスターに何を採用するかで色の出る【影霊衣】。

その中でも最も相性の良かったセンジュ、マンジュゴッドが規制された2015年1月1日リミットレギュレーション後はその空いた下級枠に

《リチュア・チェイン》

f:id:bonkula-t:20150208040109j:plain

《深海のディーヴァ》

f:id:bonkula-t:20150208035728j:plain

ブンボーグ

f:id:bonkula-t:20150216141939j:plain

f:id:bonkula-t:20150216141938j:plain

 

といった変遷を辿り、《ブリューナクの影霊衣》《影霊衣の反魂術》といったキーカードが規制された代わりにセンジュ、マンジュが制限緩和された現在の2015年4月1日リミットレギュレーションでは再び下級モンスター枠はセンジュ、マンジュだけといった構築が目立っていました。

 

しかし、最近の【影霊衣】はそんなセンジュ、マンジュに加え、さらに《ライオウ》《H・C 強襲のハルベルト》を採用した下級モンスター偏重型がトレンドのようなのです↓

第11回川鶴CS 1位A【影霊衣】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

《ライオウ》《H・C 強襲のハルベルト》を採用するメリット

《ブリューナクの影霊衣》《影霊衣の反魂術》が制限化されたことで儀式召喚だけに頼る戦い方では厳しくなった【影霊衣】。そこで儀式ギミックは必要最低限の枚数に収め、空いた枠に新たなこの二体を採用することで環境メタ+ランク4にタッチしやすい構築に進化しました。

 

《ライオウ》

f:id:bonkula-t:20150410140818j:plain

これは完全に環境メタ枠。今のトップメタデッキすべてに対してガン刺さりするのが特徴で対【HERO】ではキーカードの《E・HERO シャドー・ミスト》の効果を封じX召喚への牽制にもなる。対【海皇】ではこれまたキーカードの《海皇子 ネプトアビス》の効果を封じデッキの動きの中核を止めることができ、対【影霊衣】のミラーマッチでもセンジュ、マンジュ、ブリューナクとデッキの動力源になるサーチ効果を封じる。そしてそれらすべてのデッキに対して下級モンスターには打ち勝てる攻撃力を持っているのも魅力。

先行1ターン目など相手が展開する前に召喚、またはこちらが儀式召喚で展開した後にダメ押しの制圧として召喚という使い方が強力。

 

《H・C 強襲のハルベルト》

f:id:bonkula-t:20150410140819j:plain

ハルベルトss→センジュ、マンジュゴッドnsで即座にランク4エクシーズを狙える(効果を使用した後は弱小バニラになってしまうセンジュ、マンジュを無駄にしない)

戦闘ダメージを与えることで二体目のハルベルトがサーチ可能なため、展開しつつ息切れも防げるのが魅力。

 

《ライオウ》を採用することでこれまで【影霊衣】の苦手だった制圧力が大幅に改善され、《H・C 強襲のハルベルト》を採用することで【影霊衣】得意の切り返し力がさらに強化された。

これまでの“連続した儀式召喚の安定”を軸に据えた下級モンスターの採用から“一度の儀式召喚からの強度”に重きをおいたこれらの下級モンスターの採用は今の環境ならではの【影霊衣】といった感じで非常におもしろかったです。

 

さて、次はどの下級モンスターがくるのやら(wktk