ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《幻竜星-チョウホウ》を得た【竜星】がトップメタ喰いデッキとして優秀すぎる件

『クロスオーバー・ソウルズ』で登場した竜星新規Sモンスターの《幻竜星-チョウホウ》

f:id:bonkula-t:20150215000854j:plain

【竜星】で使うなら注目したいのはやっぱり①の効果。

で今の環境のトップメタのテーマを見てみると、

【影霊衣】→水属性主体

【HERO】→属性バラけてる

【海皇】→水属性主体

【テラナイト】→光属性主体

 

むむむ、これは。。。《幻竜星-チョウホウ》がめっちゃ刺さりそうやないですか!

 

さらにいろいろ調べていくと、

《闇竜星-ジョクト》一体から《幻竜星-チョウホウ》S召喚できる!

f:id:bonkula-t:20150413215448j:plain

だけでなく、

理論上すべての属性を網羅できる!

ことが判明したので、以下ジョクトから各属性チョウホウへの展開パターン考察を

 

《闇竜星-ジョクト》一体のみから《幻竜星-チョウホウ》を展開できるパターン

水・闇

《闇竜星-ジョクト》効果で《魔竜星-トウテツ》と《水竜星-ビシキ》をリクルート

f:id:bonkula-t:20150413215447j:plain

f:id:bonkula-t:20150413215446j:plain

→3体で《幻竜星-チョウホウ》をS召喚

 

《闇竜星-ジョクト》から《幻竜星-チョウホウ》をS召喚する最も基本的かつ簡単なパターン。手札にジョクトと他の竜星カードが2枚以上あれば先行1ターン目から展開可能であり、そこからコントロール奪取されない、罠カードの効果受けない、相手の水・闇モンスターの効果の発動を封じるチョウホウ様が光臨なされる。

でこの“水・闇属性モンスター封じ”というのが今の環境的には非常に重要で、

【影霊衣】封殺、【海皇】封殺、【HERO】も展開の要となる《E・HERO シャドー・ミスト》を封じられるとトップメタ3強すべてにガン刺さりする

 トップメタ喰いデッキとして今最もアツいテーマが【竜星】だという所以がここにあります。

 

《闇竜星-ジョクト》効果で《秘竜星-セフィラシウゴ》を含めた竜星2体をリクルート

f:id:bonkula-t:20150413215450j:plain

→ジョクトとセフィラシウゴで《輝竜星-ショウフク》をS召喚

f:id:bonkula-t:20150413215445j:plain

→ショウフクの効果で残った竜星を破壊しジョクト蘇生、破壊された竜星効果で《光竜星-リフン》リクルート

f:id:bonkula-t:20150413215444j:plain

→ショウフクとリフンで《幻竜星-チョウホウ》をS召喚

 

こちらも先行1ターン目から展開可能で光属性を封じるチョウホウ様を光臨できる。

光属性限定+他の耐性はつかないものの、《輝竜星-ショウフク》を経由することで相手のカードを二枚までデッキバウンスしつつチョウホウに繋げられるのが非常に強力。

光属性封じは現環境上位の【テラナイト】に刺さるのはもちろん、今のエクストラデッキ枠で採用率の高いXモンスターは《星守の騎士 プトレマイオス》をはじめとしてほとんどが光属性なため、擬似的なエクストラデッキモンスター封じとしても機能する。

 

《闇竜星-ジョクト》効果で《宝竜星-セフィラフウシ》と《秘竜星-セフィラシウゴ》をリクルート

f:id:bonkula-t:20150413215449j:plain

→セフィラフウシとセフィラシウゴから《幻竜星-チョウホウ》をS召喚

 

地属性封じのチョウホウを出すパターン。これも先行1ターン目から可能だが上記のパターンのような耐性や除去の付加価値がないのは残念。対【クリフォート】【列車】で出していきたい。

 

風・光・闇

墓地に《光竜星-リフン》がある状態で

《闇竜星-ジョクト》効果で《魔竜星-トウテツ》と《水竜星-ビシキ》をリクルート→ジョクトとトウテツで《邪竜星-ガイザー》をS召喚

f:id:bonkula-t:20150413215452j:plain

→ガイザー効果でビシキと相手フィールドカード一枚破壊→破壊されたビシキから《風竜星-ホロウ》をリクルートしリフンを自己再生

f:id:bonkula-t:20150413215451j:plain

→ガイザー、ホロウ、リフンの3体で《幻竜星-チョウホウ》をS召喚

 

《邪竜星-ガイザー》の効果を使用するため先行1ターン目では展開できないが、手札に《闇竜星-ジョクト》《光竜星-リフン》があれば後攻1ターン目から展開できる。

上記のパターンと比べると多少条件はあるものの、3つの属性封じ+魔法耐性まであるチョウホウ様は非常に優秀。【霊獣】などの風属性主体のデッキやカオス系のデッキ相手のときに狙っていきたい。

 

火・光

墓地に《光竜星-リフン》と《炎竜星-シュンゲイ》がある状態で

《闇竜星-ジョクト》効果で《秘竜星-セフィラシウゴ》と《地竜星-ヘイカン》をリクルート

f:id:bonkula-t:20150413215443j:plain

→ジョクトとセフィラシウゴで《輝竜星-ショウフク》をS召喚→ショウフクの効果でヘイカンを破壊し《炎竜星-シュンゲイ》を蘇生

f:id:bonkula-t:20150413215442j:plain

→破壊されたヘイカンから2体目のシュンゲイをリクルートしリフンを自己再生→シュンゲイ×2とリフンから《幻竜星-チョウホウ》をS召喚

 

火属性封じのチョウホウを出すパターン。他の属性に比べると条件がやや厳しい。手札に《闇竜星-ジョクト》《光竜星-リフン》《炎竜星-シュンゲイ》がある状態なら一応先行1ターン目からでも展開できる。

《輝竜星-ショウフク》を挟むため相手のカードを除去しながら展開でき、最終的な布陣はショウフクと攻撃力3800になった火・光封じのチョウホウ様と展開力、打点は最も高い。

 

《闇竜星-ジョクト》は他のすべての竜星からリクルート可能なため手札にこなくてもフィールドに出すことは容易。あとはジョクトの効果を確実に発動させるためにデッキの竜星カード比率をできる限り高めればかなり安定してチョウホウ完封プレイができるデッキになるんじゃないでしょうか。