ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会上位の【AFHERO】に見るアーティファクト出張と魔法・罠除去カードの新しい可能性

今の環境で最も結果を残しているテーマである【HERO】。

この環境での構築もある程度成熟しておりテンプレ化しつつあるこのテーマですが↓

第29回カード王CS 1位【HERO】 : デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

最近の大会で上位入賞したものはかなり新鮮な構築でした↓

第5回蒲田杯 ベスト4【AFHERO】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

ざっくり言うなら【HERO】にアーティファクトギミックを搭載した構築。

アーティファクト出張セットを採用することのメリットとしては

・《アーティファクトの神智》でフリーチェーンの除去orエクストラ封じorレベル5複数展開(からのランク5エクシーズ)が可能

f:id:bonkula-t:20150217055852j:plain

f:id:bonkula-t:20150217055849j:plain

f:id:bonkula-t:20150217055853j:plain

f:id:bonkula-t:20150217055850j:plain

・《アーティファクト・ムーブメント》が《サイクロン》の上位互換として機能する

f:id:bonkula-t:20150217055851j:plain

・いずれのギミックも召喚権を喰わずメインテーマのギミックを邪魔しない

 

などがあり、これまでの【HERO】と比較しても除去などの対応力は落とさずにアーティファクトモンスターでの展開力の底上げができているのが大きな魅力。

 

さらにこのデッキ構築で面白いのは《アーティファクト・ムーブメント》に加え《サイクロン》《ダブル・サイクロン》と魔法・罠除去系カードの採用が多いこと

f:id:bonkula-t:20150128203631j:plain

f:id:bonkula-t:20150417175849j:plain

 

今の環境ではメインデッキでの《サイクロン》の採用率も大きく落ち、モンスター以外の魔法・罠除去カードは《ハーピィの羽根箒》のみというのが主流。

その理由はフィールドに残る魔法・罠カードをほぼ採用しない【影霊衣】相手に完全に腐ってしまうからなんだけど、アーティファクトモンスターを採用することでそれら魔法・罠除去カードが腐る心配がなくなる

また魔法・罠除去が多いということは単純にこちらの展開を通しやすくなるということでもあるため、【HERO】本来の展開力を活かしやすくなる。さらに魔法・罠除去が大きく刺さる【クリフォート】【列車】に対してはメインデッキからガン有利に戦えることも大きな強み。

 

アーティファクトを採用することでデッキの魔法・罠除去カードの比率を上げつつそれらのカードの活用用途を広げる(セットされたアーティファクトモンスターの展開用途としても使える)というのは非常に感心させられたポイントでした。特にこれからのペンデュラム環境を考えると、、いろいろ活用できる場面が増えてきそう。。