ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《星守の騎士 プトレマイオス》とセットで採用したいエクストラデッキモンスターまとめ

今のエクストラデッキ環境の顔ともいえる存在で、ダントツの採用率を誇っているXモンスター《星守の騎士 プトレマイオス》

f:id:bonkula-t:20150215000847j:plain

このカード最大の強みはこのモンスターを経由することで通常のレベル4主体のデッキでは出せない強力なXモンスターをフリーチェーンで出せるということ。

この記事ではこのプトレマイオス経由で出せる優秀なXモンスターとそこから可能になる動き、強みについてまとめました。

 

《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》

f:id:bonkula-t:20150203100616j:plain

プトレマイオスに重ねて出すことで実質レベル4二体から出すことが出来るXモンスター。「デッキからの墓地送り」、「サルベージ」、「闇属性モンスター効果」3つに対するメタ効果を有しており特定のデッキには強力に刺さる。

さらに自身がステラナイトであるため、プトレマイオスの②の効果によるX素材要員としても活用でき、『プトレマイオス出張セット』の中では最も優先度の高いカード。

 

《セイクリッド・プレアデス》

f:id:bonkula-t:20150330012159j:plain

レベル4二体から《星守の騎士 プトレマイオス》をX召喚し、エンドフェイズに②の効果でX素材を増やすことで①の効果から即座にランクアップ可能。

プレアデスのバウンス効果自体もフリーチェーンであるため、相手ターンにこのカードにランクアップすることで相手モンスターのほとんどを牽制できるようになる。

 

《セイクリッド・トレミスM7》

f:id:bonkula-t:20150621111641j:plain

《セイクリッド・プレアデス》に重ねることでX召喚できるモンスター。X素材三体のプトレマイオスからランクアップしたプレアデスは一度効果を使うとバニラ同然になるため、このカードにさらにランクアップすることでより有利な戦況に持っていける。

 

《星輝士 デルタテロス》

f:id:bonkula-t:20150401232854j:plain

ステラナイトの名を冠するためプトレマイオスの②の効果によるX素材要員として活用でき、自身も素材縛りのないレベル4×3のXモンスターであるため、状況によっては万能除去要員としての活躍も見込める。

 

《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》 《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》

f:id:bonkula-t:20150222094429j:plain

f:id:bonkula-t:20150222094430j:plain

レベル4三体で《星守の騎士 プトレマイオス》をX召喚することでそこから《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》→《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》とつなげることができる。

《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》の効果はとにかく強力でこれをプトレマイオスを経由することで実質レベル4三体から出せるようになったというは革新的。

 

《サイバー・エンド・ドラゴン》

f:id:bonkula-t:20150513200921j:plain

上記のサイバー・ドラゴンセットを採用する場合に合わせて採用すると便利なカード。

X素材が三枚以上になったプトレマイオスはフリーチェンでランクアップが可能という性質上、対象を取る効果に強く、《セイクリッド・プレアデス》を採用していれば対モンスターにも強くなる。しかし、《ブラック・ホール》や《激流葬》などの“対象をとらない全体破壊の魔法・罠”に対しては穴があり、その弱点をも補えるのがこのカード

上記の全体除去に対して《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》にランクアップすることでノヴァの『相手の効果によって墓地へ送られた場合』の効果が発動しこの《サイバー・エンド・ドラゴン》を出すことが可能に。相手に全体除去を撃たせつつ、こちらはゲームエンド級の重量モンスターを出せるという快楽よ

 

《始祖の守護者ティラス》

f:id:bonkula-t:20150513200922j:plain

こちらも上記と同じプトレマイオスに対する“対象をとらない全体破壊の魔法・罠”対策として採用しておくことで機能するカード。《サイバー・エンド・ドラゴン》と比べるとステータスは大きく劣ってしまうが、次の自分のエンドフェイズまでは永続的な効果破壊耐性がある点、サイバー・ドラゴンセットを採用していなくても使える点ではこちらが勝る。

 

《重機王ドボク・ザーク》

f:id:bonkula-t:20150513200923j:plain

《セイクリッド・プレアデス》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》の効果が効かない一部の高ステータスモンスター、《神樹の守護獣-牙王》やアドバンス召喚された最上級クリフォートに対する解答として採用を検討できるランクアップ先。それらのモンスターを戦闘破壊できるステータスに加え、不確定ながら“対象を取らない破壊効果”を持つのもなかなか優秀。

今の環境では【魔術師】対策としても大きな注目を集めています↓

 

上記のカードすべてを採用すればあらゆる状況に対応したほぼ穴のない“プトレマイオス展開”が可能になるんじゃないでしょうか。

ほんまプトレマイオスはんは恐ろしいカードやで。。