ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

その発想は無かったわ!《ブリリアント・フュージョン》を採用した【クラウンブレード】が面白い

現在流行中の新デッキ【クラウンブレード】

大会でも一定の成績を残しているこのテーマですが、その中でもなかなか面白いカードを採用していたデッキがあったので今回はその紹介をば

 

《ブリリアント・フュージョン》採用型【クラウンブレード】デッキ考察

デッキレシピはこちら↓

テスト・シェルティーゲーム 4位【クラウンブレード】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

【クラウンブレード】でまず重要な動きとなるのは展開の要となる《Emトリック・クラウン》を墓地に落とすこと。

f:id:bonkula-t:20150428123355j:plain

 

で結論から言っちゃうと《ブリリアント・フュージョン》で《Emトリック・クラウン》をデッキから墓地に落とせるんですよ

f:id:bonkula-t:20150425001240j:plain

このカードと融合素材となるジェムナイトモンスター(このデッキではレベル4で下級アタッカーラインの攻撃力を持つ《ジェムナイト・ガネット》を採用)、あとは融合先として《ジェムナイト・セラフィ》を採用することで、

f:id:bonkula-t:20150519172428j:plain

デッキからの融合素材としてトリック・クラウンを墓地送りにすることができる。

 

つまり《ブリリアント・フュージョン》を擬似《おろかな埋葬》として活用しているんですよね。だけどこのコンボがすばらしいのはここから

《ブリリアント・フュージョン》発動でフィールドにステータスの0になった《ジェムナイト・セラフィ》と墓地送りから自己再生した《Emトリック・クラウン》の2体がまず揃うんだけど、セラフィは召喚権を増やす効果を持つためここからさらに手札からレベル4モンスターを複数展開できる。

つまりこのデッキでは《ブリリアント・フュージョン》が《おろかな埋葬》+《二重召喚》になるというね、、壊れかよ!

 

すでにトリック・クラウンが来ている場合は《ブリリアント・フュージョン》からの融合素材を《Emダメージ・ジャグラー》にし、そこから《Emハットトリッカー》サーチという動きができるところも優秀。

f:id:bonkula-t:20150512220050j:plain

f:id:bonkula-t:20150512220051j:plain

 

《ブリリアント・フュージョン》+《Emトリック・クラウン》のセットはまだまだ悪さのできそうな可能性を秘めてて怖い。。