ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

新しい【クリフォート】のカタチ?《揺れる眼差し》を採用したP召喚軸【クリフォート】デッキ考察

【クリフォート】といえば大量の罠カードを積んで相手に何もさせずに勝つか、《ハーピィの羽根箒》を撃たれて何もできずに負けるかの、どっちに転んでも“寒いデッキ”というのがこれまでの個人的な印象だったんですが、最新の大会で優勝した【クリフォート】はそんなこれまでのデッキとはちょっと違う構築内容でした↓

第3回フレンズ杯 1位C【クリフォート】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

これまでの【クリフォート】との大きな違いは主にこの3つ↓

・罠カードの採用枚数が少なめ

・クリフォートモンスターの採用枚数が多い

・《揺れる眼差し》が3積みされている

f:id:bonkula-t:20150425001244j:plain

このデッキでの《揺れる眼差し》の用途は主に《クリフォート・ツール》のサーチが目的。

f:id:bonkula-t:20150201113248j:plain

自身のPゾーンにクリフォートを二体おいてこのカードを発動し自らのPゾーンを破壊することで、2枚以上の効果からキーカードの《クリフォート・ツール》をサーチする。

一見ディスアドバンテージの多い戦略にも見えますが、このカードの効果で破壊されたPモンスターもエクストラデッキへいくためP召喚でなら活用できる、つまりP召喚を軸にした構築なら《揺れる眼差し》はほぼデメリットのないサーチカードとして活用できるというのがこのデッキのメインコンセプトなんじゃないでしょうか。

そういうわけで投入されるクリフォートPモンスターの数は必然的に多くなり、その分罠カードの採用枚数が控えめになっている、いわばこのデッキはP召喚軸【クリフォート】とも言えるのです。

 

このような構築にするとどのようなメリットがあるか?

まずは《揺れる眼差し》というサーチカードが加わったことで初動《クリフォート・ツール》を出せる可能性が大幅に高まったこと。【クリフォート】にとって《クリフォート・ツール》は心臓ともいえるほど重要なカードであるため、これを高確率で1ターン目から発動できるのは非常にデカい。

 

あとは序盤からクリフォートのアドバンス召喚が狙いやすくなったこと。特にアドバンス召喚された最上級クリフォートはほとんどのモンスターに対して効果耐性を持つため、その高い攻撃力と相まって非常に場持ちが良い。罠カードでの制圧ではなく、アドバンス召喚したクリフォートで制圧しつつ攻める攻防一体の展開がこのデッキの面白みの部分。

 

また上記の理由から《クリフォート・アセンブラ》のドロー効果を狙いやすいのもこの構築ならでは。

f:id:bonkula-t:20150526182433j:plain

当然このデッキではアセンブラも3積みです。

 

魔法・罠除去で大崩れしないのもこのデッキの強み。制圧を罠カードのみに頼っておらず、その分モンスターでの展開力と制圧力が高いため、《ハーピィの羽根箒》を撃たれたら負けゲーにもなり難い。

 

そして最後に対【クリフォート】のミラーマッチに滅法強いこと。《揺れる眼差し》は相手のPゾーンのカードも破壊することができ、破壊した枚数が3枚以上になると効果も大幅に強力なものになっていく。対【クリフォート】では手札に《揺れる眼差し》が来た瞬間勝率9割といっても過言ではないくらいの有利ゲーになる。

 

何よりクリフォート本来の強みというか、面白みの部分が活かされているところがイイ!最近の罠大量クリフォートはメタビによりすぎていて、ちょっと寒すぎたのもあって、今回のデッキは個人的にもかなり新鮮かつ好印象だったのでした。

 

遊戯王 揺れる眼差しクラッシュ・オブ・リベリオン(CORE) シングルカード CORE-JP066-N

遊戯王 揺れる眼差しクラッシュ・オブ・リベリオン(CORE) シングルカード CORE-JP066-N