ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会優勝もした【列車シャドール】に見る3つの強み

最新の大会で【列車シャドール】が優勝しました↓

第13回はっちCS 1位【列車シャドール】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

ここ最近ちょくちょく大会上位にも顔を出してはいたんですが、改めてデッキを回してみると、、強い!【列車シャドール】、強い!

というわけでこの記事ではそんな【列車シャドール】の強みについて考察していきたいと思いやす。

 

強みその① 《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》の存在

f:id:bonkula-t:20150218222438j:plain

【列車】といえばランク10エクシーズを容易に出せるのがウリなんですが、その中でも《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》は強すぎる!

鬼ステータスに鬼耐性って、、鬼かよ!

《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》が登場したことで戦闘突破されやすくはなりましたが、

f:id:bonkula-t:20150401232855j:plain

それ以外ではエクシーズ素材を使い切らすか、耐性効果にチェーンしてさらに除去を重ねるくらいしか処理する方法がなくどちらにしても相手からしたらこのカード一枚処理するのに非常に消耗させられる。

X素材に《重機貨列車デリックレーン》があればフリーチェーンの除去もちにもなり、

f:id:bonkula-t:20150130200925j:plain

唯一の弱点であるホープ・ザ・ライトニングも怖くなくなるため、、まあとにかくコイツが簡単に出せるだけで相当つえーんだ!

 

強みその② 《影依融合》→《エルシャドール・シェキナーガ》とのシナジー

f:id:bonkula-t:20150420174459j:plain

f:id:bonkula-t:20150515190510j:plain

【列車シャドール】のシャドール要素はまさにこのためだと言っていい。《影依融合》でシャドールモンスターと《無頼特急バトレイン》を融合素材にすれば二枚分のアドバンテージを回復しつつ強力な《エルシャドール・シェキナーガ》を出すことができる。

でこのシェキナーガ、実は地属性・機械族・レベル10であるため《重機貨列車デリックレーン》《転回操車》の効果発動条件を満たし、

f:id:bonkula-t:20150130200926j:plain

即座にランク10エクシーズへ展開することもできる。

フィールドや手札の状況に合わせてシェキナーガでの制圧かランク10エクシーズかの選択ができるところは【列車シャドール】ならではの強みだといえる。

 

強みその③ 《スキルドレイン》と好相性

妥協召喚できる《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》、

f:id:bonkula-t:20150130200924j:plain

特殊召喚が容易な《重機貨列車デリックレーン》、さらにそれらをも超えるステータスのランク10エクシーズと《スキルドレイン》発動後も非常に有利に戦えるのもこのデッキならではの魅力。

《スキルドレイン》はトップクラスの制圧力を持つカードで、特に現環境ではメインデッキでの《サイクロン》の採用率も大幅に落ち、このカードを除去する手段は制限カードの《ハーピィの羽根箒》だけというデッキも少なくない。つまり発動できればほぼ勝ち確というこのデッキの中でもジョーカー的強さを発揮できるカードなのです。

同じく《スキルドレイン》を採用している【クリフォート】と比べても、平均的なステータスは列車モンスターのほうが高いため、“スキドレゲー”になってもこちらが有利に立ち回れるのもデカい。

そして何より《スキルドレイン》を採用できるデッキでありながら《スキルドレイン》がない状態でも他のデッキと渡り合えるポテンシャルがあるのが【列車シャドール】最大の恐ろしさなんじゃないでしょうか。