ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

海外の大会で【ゴーストリック】が結果を残した!改めて考えたい【ゴーストリック】デッキの強みと考察

海外大会で【ゴーストリック】が結果を出したました↓

中国都市積分戦 長沙【ゴーストリック】 3位 : デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

日本の大会ではほぼ見かけないデッキですが、【ゴーストリック】は独自の動きがあってなかなか面白いテーマなんですよね。

というわけでこの記事では上記のデッキレシピを参考に【ゴーストリック】の強みを考察していきます。

 

【ゴーストリック】デッキ考察

【ゴーストリック】の基本的な動きは手札誘発効果を持つレベル1ゴーストリックで相手ターンの攻撃を凌ぎながらローレベルを展開し、

f:id:bonkula-t:20150620004204j:plain

f:id:bonkula-t:20150620004203j:plain

f:id:bonkula-t:20150620004201j:plain

f:id:bonkula-t:20150620004159j:plain

そこから《ゴーストリック・デュラハン》さらに《ゴーストリックの駄天使》と重ねていきアドを取りながら切り替えしていくのがメインの戦略。

f:id:bonkula-t:20150620004202j:plain

f:id:bonkula-t:20150620004205j:plain

 

デュラハンの効果を使いつつ駄天使に繋げることで攻撃力4000までのモンスターを戦闘突破でき、さらに駄天使の効果でX素材となったデュラハンを取り除くことでデッキからゴーストリック魔法・罠サーチ+墓地のゴーストリックサルベージと一気に2枚の手札補充が可能。

上記の通り相手ターンでの防御力、アド獲得力、対モンスターでの突破力はなかなか優れているものの、相手ライフを削りきる火力が弱いのがこのデッキの弱点。そのため長期戦前提のコントロール型ロービートデッキという独自のポジションを築いているのがこのデッキの魅力なんじゃないでしょうか。

 

さて、上記のデッキレシピではそんな基本的な【ゴーストリック】のギミックに加え、一枚から《ゴーストリック・アルカード》に繋げられる《魔界発現世行きデスガイド》、

f:id:bonkula-t:20150620004157j:plain

f:id:bonkula-t:20150620004158j:plain

墓地にあるレベル1ゴーストリックを吊り上げて《ゴーストリック・デュラハン》に繋げられる《金華猫》、

f:id:bonkula-t:20150620004156j:plain

さらに除去力をあげるために《アイス・ハンド》《ファイヤー・ハンド》も採用されています。

f:id:bonkula-t:20150420174457j:plain

f:id:bonkula-t:20150420174456j:plain

メインのレベル1ゴーストリックは基本的に相手ターンでの手札誘発として使用するため召喚権が余りやすく、その枠に上記のカードを採用しているという感じ。

 

《闇の護封剣》は《ゴーストリック・ハウス》適用下で発動することで一気にこちらのゴーストリックでの直接攻撃に繋げることができる。

f:id:bonkula-t:20150405231446j:plain

f:id:bonkula-t:20150620004200j:plain

数ターン裏側守備表示のまま拘束できるため、火力の低いゴーストリックでもそのままライフを削り取れるというのも利点。

 

また上記のデッキでは、ゴーストリックXモンスターの容易なアド回復能力に目をつけ、デュラハンをX素材にさらにデュラハンを展開できる《相克の魔術師》をピン刺ししていたり、

f:id:bonkula-t:20150619163722j:plain

手札補充が容易で闇属性であることを活かし《マスク・チェンジ・セカンド》《M・HERO ダーク・ロウ》を採用していたり

f:id:bonkula-t:20150526182423j:plain

f:id:bonkula-t:20150417175853j:plain

と【ゴーストリック】の新しい可能性も提示している。

 

・・こんな感じでつらつらと考察していきましたが、まあ何より【ゴーストリック】はね、、絵アドがヤバい!キャワうぃい!

デッキ独自の動きがあって、そこそこ強くて、しかも絵アドもあるなんて、最高じゃないですか。