ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

普通に強くない?煉獄採用型【インフェルノイド】デッキ考察

インフェルノイドには煉獄という専用サポート魔法・罠があるんですが、現在の【インフェルノイド】構築では煉獄非採用型が主流で、大会上位のデッキレシピを見ていてもなかなかお目にかかることがなかったんですが、、

煉獄採用型【インフェルノイド】が大会で結果を残したで!

第5回渋谷CS 4位B【インフェルノイド】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

上記のデッキで採用されていた煉獄カードは以下の通り

 f:id:bonkula-t:20150622201509j:plain

インフェルノイド版《影依融合》ともいえるカード。相手フィールドにのみエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターがいればデッキからインフェルノイド6枚を融合素材に《インフェルノイド・ティエラ》を融合召喚することができる。

f:id:bonkula-t:20150622201508j:plain

デッキ融合が決まったときの爆発力は《名推理》《モンスターゲート》をも超える。

 

f:id:bonkula-t:20150622201506j:plain

煉獄カードを毎ターンサーチできる永続魔法。普通にサーチカードとして優秀で、手札一枚捨てるコストも【インフェルノイド】ならほとんど気にならない。②の効果も保険として何気に使える。

 

f:id:bonkula-t:20150622201503j:plain

インフェルノイドに効果耐性を与える。墓地からも効果を発動できるため墓地肥やしともかみ合っていて扱いやすい。

 

f:id:bonkula-t:20150622201504j:plain

多少の遅さはあるものの、維持することで安定した墓地肥やしを行える。《名推理》《モンスターゲート》がこない場合でも能動的に墓地を肥やせる選択肢となる。

 

f:id:bonkula-t:20150622201507j:plain

墓地アド、手札アド回復に。派手さはないものの維持することでジワジワと相手とのアド差を広げていける。

 

煉獄を採用するメリットとデメリット

通常の【インフェルノイド】は展開の要となる墓地肥やしを《名推理》《モンスターゲート》のみに頼っているのに対し、煉獄を採用すればそれに加えてさらに墓地肥やしの手段を得られるため安定性は向上する。《煉獄の消華》から状況に応じて必要な煉獄をサーチ可能なため、他の煉獄カードは基本的にピン刺しでいいところもデッキスロットにやさしい。

デメリットは優秀な煉獄カードはインフェルノイド以外のモンスターの展開を制限するものが多いため、他のモンスターを採用し辛くなり、デッキの柔軟性が無くなってしまう事。

安定を取りたいなら煉獄採用、他のモンスターギミックを取り入れたいなら煉獄非採用というのがオススメなんじゃないでしょうか。

 

ただ、個人的には《煉獄の虚夢》はかなり過小評価されてるんじゃないかと思いますけどね。これ超強いでしょ

《煉獄の虚夢》唯一の弱点としてはせっかくデッキ融合が成功しても《インフェルノイド・ティエラ》自身が高レベルであることから、他のインフェルノイドモンスターが展開できなくなってしまい、相手がティエラを除去してくれないとこちらはこれ以上インフェルノイドを展開できなくなるというジレンマがあるところ。

・・・なんですが、これを解消する手段がありまして、それは《煉獄の虚夢》を二枚以上採用すること。一枚目の《煉獄の虚夢》の効果でティエラを出したあと二枚目の《煉獄の虚夢》を発動すれば①の効果によりインフェルノイドをいくらでも展開できる。

デッキ融合で得た墓地リソースを得ればフィールドに《インフェルノイド・ティエラ》《インフェルノイド・リリス》《インフェルノイド・ネヘモス》なんて布陣も楽勝で揃えられる。

f:id:bonkula-t:20150622201505j:plain

f:id:bonkula-t:20150622201502j:plain

与える戦闘ダメージは半分になってしまうものの、この物量と制圧力には変えがたい。

《煉獄の消華》を発動していれば毎ターン《煉獄の虚夢》をサーチできるため上記の展開は意外なほど簡単に狙っていける。そんな理由で個人的には煉獄採用型【インフェルノイド】を組むなら《煉獄の消華》《煉獄の虚夢》は共に3積みが安定なんじゃないかと思っております。

この構築なら相手からしたらデッキ融合のプレッシャーは半端なく、展開を躊躇している間にこちらは悠然と《名推理》《モンスターゲート》を発動してドヤ顔もできる。性格の悪い紳士にオススメの構築です