ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

プトレマイオスからの新たなランクアップ先!?《重機王ドボク・ザーク》が今注目されている理由

今、エクストラデッキ環境において急激に需要が高まっているカードがあります。それが《重機王ドボク・ザーク》

f:id:bonkula-t:20150704172423j:plain

 

主な用途は《星守の騎士 プトレマイオス》からのランクアップ先としてなのですが、

f:id:bonkula-t:20150704172420j:plain

これまで環境でもほとんど採用されていなかったこのカードがなぜ今注目されているのか。その理由は最近環境入りしてきた【魔術師】対策として

これまでの環境では無双といってもいい活躍をしてきたプトレマイオス様ですが、実は対【魔術師】戦ではあまり機能してくれない

例えばこちらが先行プトレマイオス守備表示の布陣を構えても、《相克の魔術師》または《霧の谷の巨神鳥》をP召喚された瞬間プトレマイオスのランクアップが封じられただの置物になってしまう。

f:id:bonkula-t:20150704172424j:plain

f:id:bonkula-t:20150704172425j:plain

つまり対【魔術師】でプトレマイオスを出す場合、相手がP召喚する前に効果でランクアップする必要があるという点がまず一つ。

だったらとりあえず一番優秀な《セイクリッド・プレアデス》

f:id:bonkula-t:20150704172421j:plain

を出せば安心かというとそうでもなく、同じく《相克の魔術師》または《霧の谷の巨神鳥》をP召喚されると効果を発動させてもらえず戦闘破壊されてしまう。

同じく採用率の高いランクアップ先である《始祖の守護者ティラス》

f:id:bonkula-t:20150704172422j:plain

も《相克の魔術師》には攻撃力で勝るものの、《霧の谷の巨神鳥》には負ける。

つまり今の環境で採用されているプトレマイオス系列のカードでは後出し《霧の谷の巨神鳥》を対処できないと。

そこで目をつけられたのが《重機王ドボク・ザーク》なのです。相手のPゾーンにカードが二枚揃った瞬間にドボク・ザークにランクアップすることで、最も厄介な《相克の魔術師》《霧の谷の巨神鳥》に対する牽制となる。相手がこのカードを処理できなければ次の自ターンからドボク・ザーク効果で相手Pゾーンも高確率で破壊できるおまけつき。

 

ちなみに《重機王ドボク・ザーク》は対【魔術師】以外でも他の効果モンスターでは処理のし辛い《神樹の守護獣-牙王》やアドバンス召喚された最上級クリフォートに対して戦闘突破できるため、活用できる場面はそこそこあったりします。

プトレマイオス関連のカードでまた一枠、エクストラデッキが圧迫されていく。。