ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【EM】にガジェットと音響戦士ギミックを搭載した【音響ガジェットEM】デッキが面白い!

2015年7月5日に行われた大会で上位入賞したこのデッキ↓

天空杯第4部 3位B【EM】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

基本の構築は《EMペンデュラム・マジシャン》と《EMドクロバット・ジョーカー》のコンボを主軸とした【EM】なのですが

f:id:bonkula-t:20150710033801j:plain

f:id:bonkula-t:20150710033802j:plain

今回のデッキはそれに加えてガジェットと音響戦士のギミックを採用しているのが特徴的でした。

f:id:bonkula-t:20150710033800j:plain

f:id:bonkula-t:20150710033806j:plain

まず音響戦士に関しては↑の《音響戦士ギータス》が非常に優秀。高いPスケールに加えP効果でチューナー音響戦士をリクルートできることから、P召喚→シンクロ召喚の展開がいつでも狙えるようになる。その中でもPモンスターをシンクロ素材にすることでコントロール奪取効果を使うことができる《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》が特に強力。

f:id:bonkula-t:20150710033805j:plain

 

ガジェット採用に関しては単体でアド回復できるレベル4としての役割がまず一つ。一枚のガジェットから召喚、P召喚を駆使することで実質手札消費無しで二体のガジェットをフィールドに展開することができる。

またガジェット二体から《ギアギガント X》に展開すれば《音響戦士ギータス》を、

f:id:bonkula-t:20150710033759j:plain

《キングレムリン》を展開すれば爬虫類EMをそれぞれサーチでき、

f:id:bonkula-t:20150710033809j:plain

f:id:bonkula-t:20150710033808j:plain

f:id:bonkula-t:20150710033804j:plain

Pゾーンに必要なPモンスターを状況に応じてサーチすることができる。このデッキではPゾーンが揃っていない状況でも上記のXモンスターが展開できるよう、ガジェットとも相性の良い《ブリキンギョ》が採用されている。

f:id:bonkula-t:20150710033803j:plain

《ブリキンギョ》はP召喚以外で手札の《EMペンデュラム・マジシャン》の効果を発動させる手段にもなるため、初動の安定性向上に大きく貢献してくれる。

 

またランク4エクシーズとシンクロを駆使するこのデッキと特に相性の良いモンスターが《音響戦士サイザス》。

f:id:bonkula-t:20150710033807j:plain

このカードを対象に墓地の音響戦士チューナーを自身の効果で除外→サイザスとレベル4でランク4をエクシーズ召喚→ランク4効果でX素材となったサイザス取り除く→墓地のサイザス効果で除外された音響戦士チューナー帰還→シンクロ召喚

とサイザス一体でエクシーズ素材、シンクロ素材と二枚分の働きができる。もちろんこのカードも《音響戦士ギータス》のP効果からリクルート可能。

 

こんな感じでギミック坊の小生としてはかなり使って楽しそうな、まさにエンタメ!なデッキでしたね。特にガジェットのP召喚利用は新しい可能性を感じました。【EM】は他にもいろいろなギミックを出張させられそう。。これは構築坊の腕が鳴るぜ!