ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

早くも壊れPモンスターが登場!《マジェスペクター・ユニコーン》これはアカンやつや。。

ディメンション・オブ・カオス』で登場する新規Pモンスター《マジェスペクター・ユニコーン》↓

f:id:bonkula-t:20150717234102j:plain

 何これ強すぎるんだけど。。

個人的には環境ぶっ壊しカードとも思えるようなこのモンスターのヤバさをこの記事では解説していきます。

 

1:繰り返し使えるフリーチェンのバウンス効果

フリーチェンのバウンス効果の強さは環境でも猛威を振るっている《セイクリッド・プレアデス》ですでに実証済み。

f:id:bonkula-t:20150711193420j:plain

《マジェスペクター・ユニコーン》の場合、
P召喚→自身と相手モンスターバウンス→P召喚→バウンス(以下ループ
とP召喚可能な限り何度でもこの効果を使えるところがヤバイ。このP召喚→セルフバウンスでのループは【魔術師】でも採用されている《霧の谷の巨神鳥》とも似ている。

f:id:bonkula-t:20150711193421j:plain

↑このカード自体、現環境では非常に厄介な鳥として認知されているわけですが、この《マジェスペクター・ユニコーン》の厄介さはさらにその上をイッている。

 

2:耐性持ちのPモンスターであるということ

その理由がこれなのです。《霧の谷の巨神鳥》は戦闘破壊や無効化効果にさらにチェーンした除去などでループを止めることができるのですが、《マジェスペクター・ユニコーン》はPモンスターであるため、戦闘破壊されてもP召喚から何度でもフィールドに舞い戻る。それに加えて②の効果耐性のおかげで効果除去にも滅法強いというおまけつき。

戦闘破壊もダメ、効果除去もダメ、それに加えてフリーチェーンでの自身も含めたバウンス効果でさらに完全除去することが困難になっている《マジェスペクター・ユニコーン》。だからといって放置しておいたら間違いなく勝てない

このカードを封じる手段は相手にP召喚をさせない、つまりPゾーンの除去以外に方法はないんじゃないでしょうか。逆に言えばこのカードが登場することで、P召喚系デッキに対するPゾーン対策はこれまで以上に重要になってくるともいえる。

 

3:サーチ手段がある

このカードはマジェスペクターテーマのカードでもあるため同じくディメンション・オブ・カオス』新規のこれらのカードからサーチができる↓

f:id:bonkula-t:20150717234130j:plain

f:id:bonkula-t:20150717234101j:plain

これだけのパワーカードなのにサーチ手段まで豊富とか。。

 

《マジェスペクター・ユニコーン》が採用できるデッキ

現環境でレベル6のこのモンスターを容易にP召喚できるテーマは【イグナイト】と【魔術師】の二つ。これらのテーマは上記のサーチPモンスターも採用しやすく、タッチ【マジェスペクター】しやすいのも魅力。特に【魔術師】はすでに環境入りしているテーマであり、

ディメンション・オブ・カオス』新規ではさらなるテーマ強化カードが複数登場する↓

それに加えてこの《マジェスペクター・ユニコーン》。。

もう今後の環境がペンデュラムで埋め尽くされる未来しか見えない。。