ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

ペンデュラム対策として有効!?《フレシアの蟲惑魔》カード考察

ディメンション・オブ・カオス』で登場する新規Xモンスター↓

f:id:bonkula-t:20150717234053j:plain

《蟲惑魔》の名を持つ新規ランク4であり、③のデッキから「落とし穴」通常罠を発動できる効果は非常に魅力的。 

f:id:bonkula-t:20150716194352j:plain

↑《奈落の落とし穴》を採用していればこのモンスターを出すだけで相手への大きな牽制になる。

 “相手ターンでのモンスター展開への牽制で使えるランク4”といえば《星守の騎士 プトレマイオス》からの《セイクリッド・プレアデス》が今の環境では主流になっておりますが、

f:id:bonkula-t:20150215000847j:plain

f:id:bonkula-t:20150330012159j:plain

対ペンデュラムに関して言えば《フレシアの蟲惑魔》の方が間違いなく優秀。P召喚は基本的にバウンスに強いため《セイクリッド・プレアデス》がイマイチ機能してくれないんですが、フレシアの蟲惑魔(からの奈落の落とし穴)なら複数のP召喚されたモンスターもまとめて除外でき、相手のP召喚リソースを削ることができる。

ペンデュラムデッキにとってその場しのぎのバウンスや破壊は怖くなくても、P召喚での再利用が不可能になる除外による除去は大きな脅威。したがって《フレシアの蟲惑魔》が立っているだけで相手からしたら非常に厄介極まりないわけです

対ペンデュラムで使える制圧型ランク4として《フレシアの蟲惑魔》は今後の環境でかなり重要なカードになるんじゃないでしょうか。