ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

『ディメンション・オブ・カオス』一番の目玉!【カオス・ソルジャー】デッキ考察

新パック『ディメンション・オブ・カオス』で「一番気になるテーマは?」と聞かれれば、
「カオス・ソルジャーでごわす!」
とみんな答えるはず。

↑『ディメンション・オブ・カオス』からの大量新規に加え、このパックと同日の7月18日に発売される『週刊少年ジャンプ34号』『Vジャンプ 9月特大号』にも新規カードが付属され↓

f:id:bonkula-t:20150719031625j:plain

f:id:bonkula-t:20150719031626j:plain

 もうカオス・ソルジャー祭りじゃ!ワッショイ!ワッショイ!

 というわけでこの記事ではさっそく、ここまで推されまくっている【カオス・ソルジャー】デッキ構築を考察していきます。

 

【カオス・ソルジャー】デッキ考察

まず新規カオス・ソルジャーテーマの大枠は儀式です。

f:id:bonkula-t:20150717234038j:plain

f:id:bonkula-t:20150717234108j:plain

↑の儀式モンスターを優秀すぎる儀式サポートを駆使しながら展開していくのが【カオス・ソルジャー】の基本戦略。

でこの儀式召喚には大きくわけて2パターンありまして、
①:《開闢の騎士》《宵闇の騎士》をはじめとしたレベル4二体での儀式召喚
②:レベル7の「暗黒騎士ガイア」モンスターとレベル1を合わせた二体での儀式召喚
このどちらを軸にするかで構築内容が変わってきます。

 

レベル4軸

この軸でのキーカードはこの二体↓

f:id:bonkula-t:20150717234201j:plain

f:id:bonkula-t:20150717234202j:plain

 ↑のカードをリリースしてカオス・ソルジャーを儀式召喚することでとんでもない強化能力を付与でき、除外できれば儀式パーツをサーチすることも可能。レベル4軸の理想的な動きは

《超戦士の儀式》で《開闢の騎士》《宵闇の騎士》二体をリリースし最強戦士となったカオス・ソルジャーを儀式召喚→次ターンは《超戦士の儀式》②の効果で墓地の《開闢の騎士》《宵闇の騎士》を除外し第二のカオス・ソルジャーを特殊召喚しつつ、儀式カードをサーチ
といった感じ。とにかく《開闢の騎士》《宵闇の騎士》を絡めるのが強いのです。

《開闢の騎士》《宵闇の騎士》をサーチする手段は必須カードの《増援》に加え、以下の三つが扱いやすい↓

f:id:bonkula-t:20150512220045j:plain

破壊されることで《開闢の騎士》または《宵闇の騎士》をサーチできる。《召魔装着》も採用すればデッキからもリクルートできるためより扱いやすくなる。

 

f:id:bonkula-t:20150717014518j:plain

手札の光・闇属性の戦士モンスターを《開闢の騎士》《宵闇の騎士》に変えることができる。上記の魔装戦士にも対応しているため相性は良い。このカードは採用する場合は対応する戦士族を多めに投入したい。

 

f:id:bonkula-t:20150717234200j:plain

《おろかな埋葬》《ラヴァルバル・チェイン》から墓地に送ることで《開闢の騎士》または《宵闇の騎士》をサーチできる。《召魔装着》を採用していれば手札からも捨てられる。

 

儀式カードのサーチは《マンジュ・ゴッド》をはじめとしたレベル4儀式サーチモンスターが儀式素材としても活用でき効相性。

f:id:bonkula-t:20150222165110j:plain

 

レベル7・1軸

レベル7である《覚醒の暗黒騎士ガイア》《疾走の暗黒騎士ガイア》とレベル1モンスターで儀式召喚する軸。

f:id:bonkula-t:20150717234044j:plain

キーカードはこれ↓

f:id:bonkula-t:20150717234143j:plain

 発動するだけで「カオス・ソルジャー」または「暗黒騎士ガイア」をサーチでき、モンスターが三体墓地に送られれば儀式魔法もサーチ可能。フィールド魔法であるため《テラ・フォーミング》からもサーチできる。

 

レベル1モンスターは墓地からも儀式素材にできる《クリボール》《儀式魔人ディザーズ》、あとは汎用性のある《エフェクト・ヴェーラー》あたりがおすすめ。

f:id:bonkula-t:20150717234100j:plain

f:id:bonkula-t:20150717014515j:plain

f:id:bonkula-t:20150626175053j:plain

 

複合型

レベル4軸と7・1軸のキーカードを組み合わせて構築する型。なんだかんだこれが一番安定して強そう。

あと《超戦士の儀式》は一枚で二回カオス・ソルジャー儀式モンスターを出せることから、《超戦士カオス・ソルジャー》に加え四枚目以降のカオス・ソルジャーとして元祖《カオス・ソルジャー》

f:id:bonkula-t:20150717014516j:plain

を採用するのもありっぽいです。

 

《カオスの儀式》型

f:id:bonkula-t:20150717014517j:plain

《超戦士の儀式》がレベル8ちょうどになるよう儀式素材を指定しているのに対し、《カオスの儀式》は“レベル8以上”という緩さに目をつけ、あえて採用する儀式カードを《カオス・ソルジャー》と《カオスの儀式》にした型。

この型なら《開闢の騎士》と《疾走の暗黒騎士ガイア》で儀式召喚といった組み合わせも可能になり、より儀式素材となるカードの自由度が増す。特殊召喚封じという強力な制圧効果を付与できる《儀式魔人リリーサー》を組み込んだり、

f:id:bonkula-t:20150717014514j:plain

聖刻と合わせて【聖刻カオスソルジャー】を作るなんてのも面白そう。

 

こんな感じで以外にいろんな構築が楽しめそうな【カオス・ソルジャー】。前回のパックでは【レッドアイズ】、今回のパックでは【カオス・ソルジャー】の大強化ときたから次は・・・と早くも次パックへの期待で胸が高鳴るでごわすゥ。。

 

遊戯王アーク・ファイブ OCG ディメンション・オブ・カオス BOX

遊戯王アーク・ファイブ OCG ディメンション・オブ・カオス BOX