ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

これぞメタビの鏡!環境メタに特化した最新【クリフォート】デッキ考察

ここ最近環境から姿を消していた【クリフォート】が久々に大会で結果を残しました↓

Tetsu X あるあるCity CS 〜哲夏祭〜 2位【クリフォート】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

その構築を見てみると、これまでの【クリフォート】とは一味違ったデッキ構成になっていたんですな。

 

このデッキの特徴を上げるなら
①《クリフォート・ツール》がメインデッキで採用されていない。
②P召喚、アドバンス召喚は行わずクリフォートの妥協召喚のみで展開する
③メタ永続罠多数採用

この三つになるでしょう。

 

まずは①について。これまでの【クリフォート】最大のキーカードとされてきた《クリフォート・ツール》がメインデッキで採用されていないという衝撃

f:id:bonkula-t:20150201113248j:plain

その理由は《揺れる眼差し》対策として。

f:id:bonkula-t:20150425001244j:plain

現環境トップメタである【EMEm】はメインデッキからこの《揺れる眼差し》を複数枚搭載されており、こちらのPゾーンも含めて破壊されることで大きなアド差をつけられてしまう。従来のPゾーン利用型【クリフォート】では《揺れる眼差し》を撃たれるだけで勝率がガタ落ちするという現実があったためこのデッキではあえて“Pゾーンを活用しない【クリフォート】”にするため、これまでのキーカードであった《クリフォート・ツール》を排した構築になっている。

 

続いて②について。《クリフォート・ツール》を採用しないということはP召喚を行わないということであり、さらにこのデッキでは最上級クリフォートのみ採用されていてアドバンス召喚を行うギミックもない。P召喚とアドバンス召喚という【クリフォート】一番の特徴をあえて無視し、“最上級クリフォートの妥協召喚”だけにモンスター展開を絞った構築。この構築にすることで活きてくるのがこれらのカード↓

f:id:bonkula-t:20150128203624j:plain

f:id:bonkula-t:20150807062937j:plain

f:id:bonkula-t:20150807062940j:plain

いずれも妥協召喚したクリフォートのステータスをリセットするもので、《スキルドレイン》は相手の効果モンスターメタとしても優秀なのはもちろん、《禁じられた聖杯》《起動する機殻》はターン終了後クリフォートモンスターのこの耐性効果↓

(3):通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。

 が再適用されるため、非常に場持ちがよくなる。つまり妥協召喚→ステータスリセット+耐性強化で制圧というのがこのデッキならではのクリフォートの使い方なのです。

 

最後に③の特徴について。上記の《スキルドレイン》に加え《群雄割拠》《御前試合》など嫌な永続罠の採用がとにかく多い

f:id:bonkula-t:20150807062939j:plain

f:id:bonkula-t:20150807062938j:plain

モンスター展開にリソースを割いていない分、これらのメタ罠を大量採用できるわけです。【クリフォート】視点で現環境を見てみると《揺れる眼差し》の存在からPゾーンに対する風当たりが強くなっている反面、Pゾーン以外の魔法・罠除去カードの採用は一時期に比べると減ってきており、上記のような永続罠が機能しやすくなったというメリットがあるのが強みで、そこをうまく活かした構築だといえる。

 

今回の超メタビ型ともいえる【クリフォート】。正直デッキとしてはめちゃくちゃ寒いですが、メタゲームの視点で見てみると非常によくできた構築なのがわかります。でもやっぱり、こんなデッキとはデュエルしたくない。。(笑