ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【海皇】デッキを使うなら絶対知っておきたい二つの凶悪コンボ

【海皇】デッキを使う上で覚えておきたい、というか【海皇】最大の強みとも言える二つの展開についてこの記事ではまとめていきます。

 

展開①:《深海のディーヴァ》からの先行二枚ハンデス

《深海のディーヴァ》通常召喚効果で《海皇子 ネプトアビス》リクルート

f:id:bonkula-t:20150208035728j:plain

f:id:bonkula-t:20150215000918j:plain

 →ネプトアビス①効果で《海皇の竜騎隊》をデッキから墓地に送り任意の海皇モンスターサーチ

f:id:bonkula-t:20150223170038j:plain

→墓地に送られた竜騎隊効果で《氷霊神ムーラングレイス》サーチ

f:id:bonkula-t:20150223170041j:plain

→ディーヴァとネプトアビスで《たつのこ》S召喚

f:id:bonkula-t:20150223170043j:plain

→《たつのこ》とサーチしてきた海皇でさらにシンクロ召喚→この時点でちょうど墓地に5体の水属性が揃い《氷霊神ムーラングレイス》特殊召喚で相手二枚ハンデス

手札の《深海のディーヴァ》一体のみから《氷霊神ムーラングレイス》、シンクロモンスター、相手二枚ハンデスまでもっていける凶悪コンボ。《たつのこ》から《アクセル・シンクロン》につなげ、デッキにレベル3シンクロンがあればそこからさらにランク8を展開することもできる↓

 

展開②:《海皇子 ネプトアビス》からのワンキル火力

《海皇子 ネプトアビス》通常召喚から①効果で《海皇の竜騎隊》をデッキから墓地に送り《海皇の狙撃兵》サーチ

f:id:bonkula-t:20150223170039j:plain

→墓地に送られた竜騎隊効果で《水精鱗-メガロアビス》サーチ

f:id:bonkula-t:20150820120707j:plain

→手札の《海皇の狙撃兵》を含む二体の水属性モンスターを捨て《水精鱗-メガロアビス》特殊召喚→メガロアビス効果で《アビスケイル-ミヅチ》または《アビスケイル-ケートス》をサーチし装備

f:id:bonkula-t:20150820120709j:plain

f:id:bonkula-t:20150820120708j:plain

→メガロアビス効果でフィールドのネプトアビスをリリース→リリースされたネプトアビス②効果で《海皇の狙撃兵》蘇生→メガロアビスと狙撃兵で攻撃(3200×2+1400)→狙撃兵効果で攻撃力200以上の海皇モンスターをリクルートしそのまま攻撃すれば合計火力が8000を超えワンキル

ネプトアビスをリクルートできる《深海のディーヴァ》からでも始動可能なコンボで、《海皇の重装兵》を絡めることができれば相手モンスターを除去しつつそのままワンキルといった動きも可能。

f:id:bonkula-t:20150223170040j:plain

 

先行1ターン目で大幅な有利をとれる展開①に後攻1ターン目からワンキルを狙える展開②。そしてそのどちらもコンボ始動に必要なカードが一枚だけでいいというのが【海皇】デッキ最大の強みであり恐ろしさ。ただ逆にこれらのコンボのキーカードである《深海のディーヴァ》《海皇子 ネプトアビス》のどちらも手札にこなかった場合は一気にモンスター展開力が下がってしまうのがこのデッキ最大の弱点でもあります。

この【海皇】独自の強みをどう活かし、弱点をどう克服できるかが【海皇】構築の肝なんじゃないでしょうか。