ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《混沌帝龍 -終焉の使者-》が制限解除されたことで《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》の利用価値が急上昇!?

2015年10月からのリミットレギュレーションが判明しました↓

俺のターン!! : 2015年10月からのリミットレギュレーション判明【新禁止・制限】

その中でも個人的に注目なのが《混沌帝龍 -終焉の使者-》の制限解除

f:id:bonkula-t:20150218222441j:plain

これで混沌帝龍主体の【カオス】デッキが作れるぞい!

 

とここで注目したいカードがありまして、それが《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》

f:id:bonkula-t:20150915231729j:plain

自分フィールドの光属性をリリースし、オッドアイズ・ドラゴン(闇属性)を墓地に送って特殊召喚する→即座に墓地にカオス素材が揃う

つまりこのモンスター、何気にカオスとすこぶる相性が良いのです。

ってなわけで《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》と《混沌帝龍 -終焉の使者-》を主軸としたデッキをこの記事では紹介していきます。

 

1つ目:【セイバー聖刻】

《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》の特殊召喚条件である“光属性をリリース”と聖刻の相性の良さに着目した構築。上級聖刻をリリースしセイバー・ドラゴンを特殊召喚、リリースされた聖刻効果で《真紅眼の黒竜》を呼び出すことで、カオス条件を揃えつつランク7に繋げることができる。
特にこのコンボは《オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン》と非常に相性が良く、

f:id:bonkula-t:20150915231731j:plain

上記のコンボでアブソリュート・ドラゴン展開から自身の攻撃を①効果で無効化しX素材のセイバー・ドラゴンを特殊召喚からそのまま攻撃と繋げることで、一気にフィールドに二体のオッドアイズを揃えることも可能。さらに墓地には《オッドアイズ・ドラゴン》もいるため、相手ターンの攻撃もアブソリュート・ドラゴンの効果で牽制することができる。
相手がこの布陣をなんとか突破したとしても返しのターン《混沌帝龍 -終焉の使者-》でゲームエンドなんていうドヤ顔プレイも可能

 

2つ目:【セイバーカオスドラゴン】

こちらは【カオスドラゴン】主体のデッキ。
《エクリプス・ワイバーン》をリリースし《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》を特殊召喚

f:id:bonkula-t:20111209213723j:plain

→墓地の《エクリプス・ワイバーン》と《オッドアイズ・ドラゴン》を除外しカオスモンスターを展開→除外された《エクリプス・ワイバーン》効果で《混沌帝龍 -終焉の使者-》をサーチ
という動きが非常に強力。《ダーク・フレアドラゴン》なら単体で《混沌帝龍 -終焉の使者-》をサーチすることも可能で、

f:id:bonkula-t:20111209213849j:plain

デッキとして混沌帝龍のサーチ能力に長けているのが魅力。

 

3つ目:【セイバーペンデュラム】

《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》が《EM・ドクロバットジョーカー》《天空の虹彩》でサーチ可能なのに着目し、ペンデュラム要素を組み込んだデッキ。

f:id:bonkula-t:20150915231730j:plain

f:id:bonkula-t:20150915231732j:plain

【魔術師】型にすればレベル7のモンスターもP召喚可能なので、手札事故の心配も少ない。上記の【聖刻】型、または【カオスドラゴン】型と組み合わせた構築にしてみるのも面白そう。

 

これは新制限後、新たなドラゴン環境が来るのか!?(キボウ