ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

実はどれも使える強化カード!?『ブレイカーズ・オブ・シャドウ』のマジェスペクター新規カード考察

ブレイカーズ・オブ・シャドウ』で登場した新規【マジェスペクター】カード3種↓

f:id:bonkula-t:20151031232327p:plain

f:id:bonkula-t:20151031232419p:plain

f:id:bonkula-t:20151031232502p:plain

《マジェスペクター・フロッグ》以外は軽視されがちですが、純【マジェスペクター】を組むなら《マジェスペクター・ソニック》《マジェスペクター・スーパーセル》もほぼ必須カードといえるほど優秀なんじゃないかと個人的には思っております。

 

【マジェスペクター】というデッキは下級マジェスペクターPモンスターで強力な対モンスター効果を持つマジェスペクター魔法・罠をサーチし、それを使って相手の展開を潰しながらチクチクとアド差を広げていくというのが主な勝ちパターンです↓

ただ、これまで登場したマジェスペクター魔法・罠はいずれも優秀な効果を持つ反面、自分フィールドの風属性魔法使い族(マジェスペクタ-Pモンスター)をリリースしなければ発動することができず、手札にマジェスペクター魔法・罠がかさばると事故るというデメリットもありました。

f:id:bonkula-t:20151031234701p:plain

f:id:bonkula-t:20151031234644p:plain

つまり【マジェスペクター】の理想としてはマジェスペクターPモンスターの効果でのみマジェスペクター魔法・罠をサーチし、ドローでマジェスペクター魔法・罠を引くことは極力少ないほうがいいというわけ。となるとマジェスペクターPモンスターは多め、マジェスペクター魔法・罠は少なめといった構築が【マジェスペクター】の安定に繋がってくる。ただ、あまりにもマジェスペクター魔法・罠の採用が少なすぎると今度はデュエル中盤以降にサーチ先が枯渇するという別の問題が発生するんですな。

 

この問題を解決してくれるのが《マジェスペクター・スーパーセル》なのです。

f:id:bonkula-t:20151031232502p:plain

このカードを利用することでマジェスペクターカードの再利用が可能になりデッキにマジェスペクター魔法・罠5枚+《マジェスペクター・サイクロン》1枚という採用にすればデッキのマジェスペクター魔法・罠を最低限に抑えつつ、中盤以降の息切れも防ぐことができる。

 

マジェスペクター魔法・罠をもう少し増やしたい、または事故率をさらに減らしたい時に使えるのが《マジェスペクター・ソニック》↓

f:id:bonkula-t:20151031232419p:plain

カードパワーで見ると他のマジェスペクター魔法・罠に劣りますが、このカード最大の強みは発動コストにモンスターのリリースが必要ないこと。そのため《マジェスペクター・ソニック》で戦闘補助後《マジェスペクター・サイクロン》でさらに除去といったプレイングも可能で、他のマジェスペクター魔法・罠とリリース源を奪い合うことなく共存できるのがこのカード最大の強みだったりします。
このカードを採用しておくことでマジェスペクター魔法・罠をドローしてしまったときの“ダブり事故”を大幅に軽減できるようになるというわけですな。

 

こうしてみると『ブレイカーズ・オブ・シャドウ』でのマジェスペクター強化はかなりアツいんじゃないでしょうか。以前から大会上位でもちょくちょく顔を出していたテーマな分、今回の強化でより環境上位のデッキに近づいた!・・のかもしれません。。