ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

メタビデッキ最強のドローソース!?《命削りの宝札》カード考察

MILLENNIUM PACK』で登場した《命削りの宝札》

f:id:bonkula-t:20151218125810j:plain

デメリットは重いものの、これ一枚から最大3ドローが可能というのは非常に魅力的。
このカードと相性の良いのは自分ターンに特殊召喚をほとんど行わず、手札のカードを切りやすい(魔法・罠が多め)ようなデッキ。

最も相性が良いデッキは【アーティファクト】。手札から魔法・罠ゾーンにセット→相手ターンに特殊召喚という動きが見事に《命削りの宝札》のデメリットを回避できる。このデッキなら《命削りの宝札》はほぼ純正3ドローソースとして扱えるでしょう。強すぎ

【アーティファクト】と相性が良いということはこのギミックを出張したAF系デッキとも相性が良いということ。その中でも基本的には自ターンに特殊召喚を行わない【AF先史遺産】【AFヴォルカニック】ならほとんどデメリットを気にせず使うことができる。
【AF先史遺産】【AFヴォルカニック】は環境でもちょくちょく結果を残すほどの優秀なメタビデッキであり、これと好相性な超ドローソースが登場したというのは、、メタビ界隈、温まってますね。

 

あとは【妖仙獣】にも採用できる。通常召喚の連鎖で手札のモンスターを一気に展開できるこのデッキなら、序盤から《命削りの宝札》での3ドローが狙いやすい。エンドフェイズに
チェーン1:妖仙獣の手札に戻る効果
チェーン2:《命削りの宝札》の手札を墓地に送る処理
と組むことでデメリットも回避できる。

【妖仙獣】もその性質からメタビデッキとしての評価が高く、《命削りの宝札》の登場で大幅強化されたのは間違いないんじゃないでしょうか。