ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《左腕の代償》の登場で【インフェルノイド】と【霊獣】が超強化された!?

『MILLENNIUM PACK』で登場した《左腕の代償》

f:id:bonkula-t:20151218125818j:plain

任意の魔法カードをサーチできる代わりにこちらは実質2枚以上のディスアドバンテージが課せられる。

このカードと相性の良いデッキは
①特定の魔法カードが勝ち筋になっているデッキ
②手札の除外をメリットに変えられるデッキ
の2種類。

 ①に当てはまるのは【インフェルノイド】。最大の展開手段&勝ち筋である《名推理》《モンスター・ゲート》《煉獄の虚夢》を状況に応じてサーチできる。

f:id:bonkula-t:20151219093942p:plain

f:id:bonkula-t:20151219093951p:plain

f:id:bonkula-t:20151219093845p:plain

【インフェルノイド】は手札よりも上記のカードから得られる墓地アドバンテージのほうが重要であり、《左腕の代償》により初動の安定性を高めることができるようになった。序盤からの大量墓地肥やしの安定と《左腕の代償》の効果自体での除外により、《異次元からの埋葬》《奇跡の発掘》が以前よりも扱いやすくなったのもポイント。

f:id:bonkula-t:20151218125821j:plain

f:id:bonkula-t:20151218125822j:plain

 

②に当てはまるのは【霊獣】。除外カードをアドに変えられる《聖霊獣騎 カンナホーク》の存在により、手札の霊獣をコストに《左腕の代償》を発動することでディスアドバンテージをすぐに取り返すことができる。

f:id:bonkula-t:20151218125823j:plain

《左腕の代償》からサーチしたい魔法カードは《緊急テレポート》

f:id:bonkula-t:20151219095757p:plain

これまで【霊獣】の苦手だった序盤の除外肥やし&融合に繋げるモンスター展開を《左腕の代償》→《緊急テレポート》でかなり安定させることができるようになった。

 

こんな感じで【インフェルノイド】【霊獣】とはめちゃめちゃ相性が良さげな《左腕の代償》ですが、「このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない」という制約がかなり厄介。これによりセットによる手札調整ができず、特に罠カードとの噛み合わせが悪くなっている。これに対する対処としては1ターン目魔法・罠セットで手札調整、2ターン目《左腕の代償》発動でなんとかなるが、初動の展開力を上げるためのカードの発動に1ターン待つというのは本末転倒になっている気もする。

このカードを採用するならそのようなデメリットをどれだけ回避し、強みを最大化できるかといった“構築バランス”が非常に重要になってくるんじゃないでしょうか。