ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

環境でも戦える安価デッキ!?大会で結果を残した【メタビEM】デッキ考察

面白いタイプの【EM】デッキが大会で結果を残しました↓

第115回ALANN CUP 2位【メタビEM】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

現在主流のレベル4モンスターのP召喚を主軸とした《EM竜剣士》と違い、上記のデッキのP召喚先はこれらの上級モンスター達↓

f:id:bonkula-t:20160128073710p:plain

f:id:bonkula-t:20160128073750p:plain

f:id:bonkula-t:20160128073500p:plain

 いずれも単体で非常に高い制圧力を持ち、これらをP召喚で使い回すことで相手を封殺していくのがこのデッキのメインとなる戦略。
そしてこれらの上級モンスターのP召喚を容易にしたのが『シャイニング・ビクトリーズ』で登場したこのカード↓

f:id:bonkula-t:20160128072821p:plain

デメリットの無いPスケール8のEMモンスターであり、このカードの登場により、《EMモンキーボード》からPスケール2~7までのP召喚が可能になった。

f:id:bonkula-t:20160128072948p:plain

初手に《EMモンキーボード》またはそれをサーチ可能な《EMドクロバット・ジョーカー》《揺れる眼差し》のうちどれか一枚でも来れば上記の強力な上級モンスターのP召喚を行える。この安定性と凶悪な制圧力がこの【メタビEM】最大の強みといえるでしょう。

さらにこのデッキはその性質上、エクストラデッキからの展開に頼らないため、エクストラ0枚でもよく非常に安価で作れるのも大きな特徴。
こちらのお財布には優しく、相手には厳しい制裁を与えるデッキとか、最高じゃないですか!

 

あと安価にこだわらないならこのデッキに《浮幽さくら》を採用するとさらに凶悪になる。

f:id:bonkula-t:20160128080016p:plain

こちらのエクストラデッキ枠をあえて環境で採用率の高いカードばかりに揃えることで、あらゆるデッキに対してさくらちゃんウィルスを機能させることができるようになる。

ただしこの構築にすると安価デッキどころか一気に環境トップクラスの高価デッキに化けるので要注意。