ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

EMギミックを使えば《光と闇の竜》を簡単に出せる!?

最近、【EM竜剣士】構築においてサイドデッキ《光と闇の竜》ピン差しという構築をたまに見かけます。

f:id:bonkula-t:20160213152840p:plain

実はEMギミックを活用することで《光と闇の竜》をサーチからアドバンス召喚まで一気に行うことができるのです。

 そのコンボがこれ↓

手札に《EMモンキーボード》があり、レベル4二体を含めた三体のP召喚が可能な状態で

f:id:bonkula-t:20160213153142p:plain

《EMモンキーボード》P効果から《EMリザードロー》サーチしPゾーンへ

f:id:bonkula-t:20160213153241p:plain

→三体のモンスターをP召喚→レベル4二体から《ラヴァルバル・チェイン》X召喚

f:id:bonkula-t:20160213153400p:plain

→《ラヴァルバル・チェイン》効果で《光と闇の竜》デッキトップへ→《EMリザードロー》P効果からデッキトップの《光と闇の竜》ドロー→《ラヴァルバル・チェイン》ともう一体のモンスターをリリースし《光と闇の竜》アドバンス召喚

 

今の環境でこの《光と闇の竜》が特に刺さるデッキは【帝】と【DD】。
《天帝従騎イデア》《冥帝従騎エイドス》からのアドバンス召喚を主軸とした【帝】は《光と闇の竜》を出されることで一切のアドバンス召喚ルートを封じられる

f:id:bonkula-t:20160213155357p:plain

f:id:bonkula-t:20160213155404p:plain

通常召喚できる下級モンスターのステータスも800と低いため、戦闘破壊されるまで最低でも四回《光と闇の竜》の無効化効果を発動できる。

【DD】も通常召喚可能なモンスターのステータスが低いものばかりなので、《光と闇の竜》の無効化効果を複数回狙える。

 

また《光と闇の竜》がフィールドに存在しているときはPゾーンにカードを置くと墓地に送られるという裁定も出ているため↓

Q.
フィールドに《光と闇の竜》がある状態でPゾーンにPモンスターを置いた場合、どのような処理を行いますか?
A.
ペンデュラムモンスターカードを手札からペンデュラムゾーンに置く場合、魔法カードの発動として宣言を行います。
その為、フィールド上に「光と闇の竜」が存在する状況で、手札のペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンに置く事を宣言した場合、「光と闇の竜」の効果によって発動が無効化され、ペンデュラムモンスターは墓地に送ります。

 ペンデュラム系デッキに対する対策としても《光と闇の竜》はかなり優秀なんじゃないでしょうか。

 

遊戯王カード 【 光と闇の竜 [ウルトラ] 】 YG01-JP001-UR

遊戯王カード 【 光と闇の竜 [ウルトラ] 】 YG01-JP001-UR