ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【彼岸】構築タイプ全5種それぞれの考察とデッキレシピまとめ

現在の環境デッキでありながら、実はいろいろな構築タイプのある【彼岸】。この記事では大会でも結果を残している5種の【彼岸】デッキについてまとめていきます。

 

【彼岸】

最もスタンダードなタイプ。彼岸モンスターを多数採用することで《永遠の淑女 ベアトリーチェ》の展開を安定させ、ベアトリーチェと汎用性の高い魔法・罠・手札誘発で盤面をコントロールしていくのがメインの闘い方。

f:id:bonkula-t:20160301231804p:plain

モンスターの採用はある程度テンプレで固定化されるので、コントールの補助となる魔法・罠・手札誘発の採用を環境メタや使用者の好みで味付けしていくカタチになる。

サンプルレシピ↓

やっちゃんCS 1位【彼岸】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

【幻影彼岸】

彼岸と同じく墓地からアド獲得が可能な幻影騎士団をミックスした構築。墓地からアド獲得可能なカードの総量が増えたことで《彼岸の旅人 ダンテ》①効果からのアド期待値がさらに上がり、《ツインツイスター》などの手札コストカードとの相性の良さもより高くなっている。

f:id:bonkula-t:20160302003823p:plain

f:id:bonkula-t:20160302003841p:plain

また幻影騎士団を採用することで《幻影騎士団ブレイクソード》②効果も活用できるようになり、エクシーズ展開の幅が広がり、切り返しが強くなっているのも大きなメリット。

f:id:bonkula-t:20160302004044p:plain

中盤以降のアド回復力や展開の幅は【彼岸】に勝るものの、序盤の事故率が少々高くなってしまうのがデメリット。特に初手に彼岸、幻影騎士団が一枚ずつしかない場合や特殊召喚効果を持たない幻影騎士団ばかりが手札に重なってしまった場合はランク3を展開することができず、こちらの強みを活かす前に相手に瞬殺されてしまうこともしばしば。

サンプルレシピ↓

あすと杯 2位A - デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

【SR幻影彼岸】

【幻影彼岸】の弱点であった“初動の事故”を《SRベイゴマックス》や《緊急テレポート》などのレベル3特殊召喚カードを複数採用することで補ったデッキ。

f:id:bonkula-t:20160302004301p:plain

f:id:bonkula-t:20160302004232p:plain

上記のカードは初動の安定以外にもSRギミックから召喚権を残した状態で《トーテムバード》を展開して魔法・罠メタを張ったり、相手ターンに《緊急テレポート》⇒《幽鬼うさぎ》で牽制したりと対応の幅を広げてくれるのも強み。

f:id:bonkula-t:20160302004520p:plain

f:id:bonkula-t:20160302004534p:plain

しかしこれらのカードに枠を割く分デッキの彼岸比率はさらに下がり、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》を展開できる期待値も低くなってしまう。安定を取った代わりにマイルドになった【幻影彼岸】というイメージ。

サンプルレシピ↓

第3回成田CS 〜The Last〜 4位【SR幻影彼岸】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

【儀式彼岸】

彼岸シナジーを活かしつつリリーサー儀式を狙えるのが強みのデッキ。デッキ詳細はこちら↓

サンプルレシピ↓

第1回ナスカ杯 ベスト8【儀式彼岸】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

【影霊衣彼岸】

【儀式彼岸】の亜種。彼岸シナジーは得られないものの、より少ないカードでリリーサー儀式を狙っていける。デッキ詳細はこちら↓

サンプルレシピ↓

第1回ナスカ杯 1位【影霊衣彼岸】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索