ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

ダンテ制限でも複数のベアトリーチェ展開は可能!?新制限後の【彼岸】デッキ考察

f:id:bonkula-t:20160331093459p:plain

2016年4月リミットレギュレーションでの《彼岸の旅人 ダンテ》制限により、彼岸テーマを主体にした純【彼岸】は死んだと思っていたのですが、どうやらそうでもなかったらしい↓

第2回北関東CS 2位C【彼岸】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 《彼岸の旅人 ダンテ》の制限=《永遠の淑女 ベアトリーチェ》も一枚しか使えない

と思っていたのですが、《彼岸の悪鬼 ガトルホッグ》を活用することで《彼岸の旅人 ダンテ》一枚からでも複数のベアトリーチェを展開できるんですね。

f:id:bonkula-t:20160331094004p:plain

f:id:bonkula-t:20160331101910p:plain

《永遠の淑女 ベアトリーチェ》①効果でX素材の《彼岸の旅人 ダンテ》を取り除きデッキから《彼岸の悪鬼 ガトルホッグ》を墓地に送る→ダンテ③効果で墓地の彼岸カードサルベージ→ガトルホッグ③効果でダンテ蘇生し二体目のベアトリーチェ展開

実質手札消費無しでベアトリーチェからベアトリーチェを展開できるコンボ。これにより彼岸ギミックだけでも息切れせずに戦える、つまり【彼岸】主体でもまだ戦える!ということが判明したのであります。

ちなみに現在流行の【SR幻影彼岸】と比較すると、

・彼岸モンスターが多いためベアトリーチェ展開を安定させられる
・デッキスロットに余裕があるため汎用メタカードを多数採用できる
・上記二点を活かし序盤から安定した制圧布陣を作れる

というのが純【彼岸】ならではのメリットですね。逆に中盤以降の強みを重視したいなら【SR幻影彼岸】よりの構築になっていくといった感じ。

彼岸デッキタイプごとの特色はこちらの記事でもまとめています↓