ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会優勝した【AFテラナイト】デッキ考察

2016年4月リミットレギュレーション大会で【AFテラナイト】が優勝しました

やんおかミニCS 1位1-B【AFテラナイト】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

今の環境でテラナイト、しかも優勝て。。しかしその構築を見てみると、なるほど【AFテラナイト】だからこそのシナジーを活かしたデッキになっておりました。

 このデッキは他のタッチAFデッキのような“メインテーマにAFギミックをタッチしたもの”ではなく、“AFギミックとシナジーのあるカードとシナジーのあるテラナイトをタッチした”デッキになっているのがポイント。イメージとしてはこんな感じ↓

AFギミック⇔シナジーのある強カード⇔テラナイトギミック

このAFとテラナイトを繋ぐカードがこれ↓

f:id:bonkula-t:20160401195047p:plain

f:id:bonkula-t:20160401195104p:plain

 “相手ターンに特殊召喚する”ことで効果を発動するアーティファクトは蘇生罠と相性が良く、テラナイトの場合はこの動きが強力↓

《星因士 ウヌク》通常召喚から効果で《星因士 デネブ》を墓地に落とす

f:id:bonkula-t:20160401205320j:plain

f:id:bonkula-t:20160401205318j:plain

→相手のエンドフェイズに蘇生罠から《星因士 デネブ》蘇生から①効果で《星因士 アルタイル》サーチ→

f:id:bonkula-t:20160401205319j:plain

→自ターンに《星因士 アルタイル》通常召喚し①効果で《星因士 ウヌク》蘇生→三体のテラナイトで《星輝士 トライヴェール》X召喚し①効果のフィールド全バウンスで蘇生罠回収

f:id:bonkula-t:20160401195700p:plain

【AFテラナイト】なら蘇生罠の強みを最大限に活かせるというのがこのデッキの強みその一。

 

続いてこれらのカード↓

f:id:bonkula-t:20160331083917p:plain

f:id:bonkula-t:20160331085054p:plain

相手ターンに特殊召喚されるアーティファクトなら上記のドローカードのデメリットをすり抜けることができる。《命削りの宝札》のエンドフェイズのデメリットもアーティファクトはセットができるためここもすり抜け可能。
テラナイトは一見これらのカードと相性が悪そうに思えるが、このデッキのテラナイト要素は上記の“《星因士 ウヌク》と蘇生罠からのコンボ”だけに絞られており、コンボの下準備に《星因士 ウヌク》の通常召喚を1ターン必要とするため、《命削りの宝札》《強欲で謙虚な壺》を発動できるタイミングが意外に多い。そしてこれらの優秀なドローカードをフルに積めることでテラナイトギミックは最小限の採用でも安定させることでできているのも強み。
また、上記の蘇生罠も相手ターンに使用するためこれらのドローカードの邪魔をしないのもポイント。

特殊召喚を活用するデッキでありながら《命削りの宝札》《強欲で謙虚な壺》もほとんど事故無く併用できるというのが【AFテラナイト】の大きな強みその二。

 

これらの要素から“攻めれるメタビ”、“回して楽しいメタビ”になっているのが【AFテラナイト】最大の魅力なんじゃないでしょうか。