ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【青眼】対策にサイドデッキ“A・O・J”が有効な理由

現在環境トップである【青眼】に刺さるカードとして、サイドデッキ採用で注目されているカードがあります。それがこの二枚↓

f:id:bonkula-t:20160402221044j:plain

f:id:bonkula-t:20160402221045j:plain

忘れかけていた過去テーマ【A・O・J】がここにきて再評価されるとは。。

 《A・O・J D.D.チェッカー》は先出しすることで、【青眼】側の展開を完封できる。現在主流の【青眼】構築では高打点のブルーアイズは手札・墓地からの特殊召喚に依存しており、それ以外はすべて低ステータスのレベル1チューナー、さらに魔法・罠での除去カードも基本的には採用されていないため、《A・O・J D.D.チェッカー》を立たされるだけで“ほぼ詰み”になる。
こちらが光属性主体のデッキでなければ相手の特殊召喚だけ一方的にメタれるのも魅力。

 

《A・O・J サイクルリーダー》は【青眼】メインの展開である“墓地肥やしからのブルーアイズ蘇生”へのメタとして。《D.D.クロウ》と違い2枚除外できるのが強力で、チューナーである点も地味に優秀。採用するデッキを選ぶ《A・O・J D.D.チェッカー》に比べ、こちらは手札誘発という手軽さからあらゆるデッキで採用できるのがメリット。