読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

最恐の重量級デッキ!ダークマター・イリテュム特化型【青眼】デッキ考察

2016年3月21日に開催された新制限大会で二位になったデッキ↓

第7回PCS with はっちCS 2位A【青眼】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

現在主流の【青眼】構築に比べ、より重量級な構築になっているのが特徴でこのデッキならではの強みとなる展開がコレ↓

手札に《竜の霊廟》《ドラゴン・目覚めの旋律》がある状態で

f:id:bonkula-t:20160405221526j:plain

f:id:bonkula-t:20160405221522p:plain

 《竜の霊廟》発動し《トライホーン・ドラゴン》《エクリプス・ワイバーン》をデッキから墓地に送る

f:id:bonkula-t:20160405221529j:plain

f:id:bonkula-t:20111209213723j:plain

→《エクリプス・ワイバーン》効果で《青眼の亜白龍》をデッキから除外

f:id:bonkula-t:20160405221527p:plain

→《ドラゴン・目覚めの旋律》発動しデッキから《青眼の白龍》《混沌帝龍 -終焉の使者-》をサーチ

f:id:bonkula-t:20160405221521p:plain

f:id:bonkula-t:20160405221520p:plain

→墓地の《トライホーン・ドラゴン》《エクリプス・ワイバーン》を除外し《混沌帝龍 -終焉の使者-》特殊召喚→除外された《エクリプス・ワイバーン》効果で《青眼の亜白龍》を手札に加え特殊召喚→混沌帝龍と亜白龍からランク8⇒ダークマター・イリテュムコンボへ↓

上記の展開を筆頭に、ランク8からダークマター・イリテュムコンボを狙える選択肢がとにかく多いのがこのデッキの魅力。まさに重量級・ド派手・蹂躙だけに特化したようなデッキなのです。

 

また《竜の渓谷》一枚からの展開も優秀で

f:id:bonkula-t:20160405221519p:plain

《竜の渓谷》効果から手札とデッキから《アークブレイブドラゴン》と最上級ドラゴンを墓地に送ることで、手札またはデッキにある任意のドラゴンを次のスタンバイフェイズに場に出すことができる。

f:id:bonkula-t:20160405221523p:plain

このギミックで《巨神竜フェルグラント》または《アモルファージ・イリテュム》を展開すれば一気に盤面を蹂躙可能。

f:id:bonkula-t:20160405221524p:plain

f:id:bonkula-t:20160405221530p:plain

このコンボを安定させるため、このデッキでは《テラ・フォーミング》3積み、《アークブレイブドラゴン》3積みと徹底している。

f:id:bonkula-t:20160405221528j:plain

また《テラ・フォーミング》からの第二のサーチ先として《死皇帝の陵墓》も採用されており、

f:id:bonkula-t:20160405221518j:plain

通常召喚からもレベル8を展開する選択肢を持つことでランク8の安定、特殊召喚メタへの対策としても活躍できる。

 

防御札の採用は一切無いものの、それをはるかに上回る圧倒的な蹂躙性が魅力の【青眼】構築。間違いなく現環境屈指の脳汁デッキといえるでしょう。