ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《スケープ・ゴースト》と相性の良い2つのカード

ザ・ダーク・イリュージョン』で登場した《スケープ・ゴースト》

f:id:bonkula-t:20160414211158j:plain

“トークンを複数生成できるチューナー”というのはすごく魅力的だけど、リバースという遅さが欠点。この弱点を補完しつつこの《スケープ・ゴースト》と相性の良いカードをこの記事では考察していきます。

 

f:id:bonkula-t:20160414211159j:plain

《カオス・インフィニティ》と《スケープ・ゴースト》を組み合わせることで2ドローしつつエクシーズまたはシンクロ展開が可能になる↓

①2ドローからランク4展開

《スケープ・ゴースト》通常召喚からセット→《カオス・インフィニティ》発動でフィールドのモンスター攻撃表示変更からレベル4「機皇」リクルート→《スケープ・ゴースト》リバース効果でトークン三体生成→《スケープ・ゴースト》とトークン一体で《フォーミュラ・シンクロン》S召喚し1ドロー※

f:id:bonkula-t:20160414211155p:plain

→《フォーミュラ・シンクロン》とトークン二体で《古神クトグア》S召喚から①効果でランク4除去

f:id:bonkula-t:20160414211156p:plain

→《古神クトグア》とレベル4「機皇」でランク4X召喚し1ドロー

②2ドローからシンクロ展開

※までは①コンボと同じ展開→レベル4「機皇」と《フォーミュラ・シンクロン》で《瑚之龍》S召喚

f:id:bonkula-t:20160414211157j:plain

→《瑚之龍》とトークンからレベル7・8シンクロを展開し1ドロー

《カオス・インフィニティ》はリバース効果全般と相性が良いため、リバース主体のデッキに上記のギミックを入れるといろいろ捗りそう。

 

f:id:bonkula-t:20160414211154j:plain

《スケープ・ゴースト》から生成されるトークンはアンデット族であり、トークンは通常モンスター扱いであるため、トークン二体から《冥界龍 ドラゴネクロ》または《始祖竜ワイアーム》を融合召喚できる。

f:id:bonkula-t:20160414211200j:plain

f:id:bonkula-t:20160414211201j:plain

相手ターンに融合が可能な《超融合》なら
相手の攻撃で《スケープ・ゴースト》リバースしトークン生成→そのトークンを素材にそのまま上記の融合モンスターを展開
といったオシャレコンボが可能。

 

こんな感じで“リバースさえすれば”非常にポテンシャルの高い《スケープ・ゴースト》。ただ今の環境ではリバース効果はかなり不遇なのが残念。

そろそろ超優秀なリバースサポートとか来てくんないかなあ。。