ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

新たなタイプの【HERO】構築!?命削りガイ型【HERO】デッキ考察

2016年4月10日開催の大会で準優勝した【HERO】↓

足立CS SP with はっちCS 2位A【HERO】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

このデッキで特徴的だったのはこの二枚が採用されていたこと↓

f:id:bonkula-t:20160416195332p:plain

f:id:bonkula-t:20160416205610j:plain

 【HERO】はデッキのモンスター比率が少なく、大量の魔法・罠で相手を妨害しながら戦うメタビよりのデッキなため《命削りの宝札》と相性が良い。特殊召喚できなくなるデメリットも相手ターンに使える《マスク・チェンジ》からの展開ならすり抜け可能。

f:id:bonkula-t:20160416195700p:plain

そしてこの《命削りの宝札》とセットで採用することで非常に優秀な働きをしてくれるのが《D-HERO ダイヤモンドガイ》。 ダイヤモンドガイの効果で《命削りの宝札》をめくれば発動コストや制約をすり抜けてドロー効果を使うことができる↓

Q.
《D-HERO ダイヤモンドガイ》効果から《命削りの宝札》効果を発動した場合、
①このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
②このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
③このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。
これらの処理はどのようになるのでしょうか?
A.
ご質問の場合、「命削りの宝札」の効果を発動した自分はモンスターを特殊召喚する事ができ、同一ターン中にて相手が受けるダメージは0になりません。
なお、エンドフェイズにて自分の手札を全て墓地に送る処理は行います。

他にも【HERO】は《E-エマージェンシーコール》《ヒーローアライブ》など通常魔法の採用数が多いため《D-HERO ダイヤモンドガイ》の効果を活かしやすい。
またダイヤモンドガイは《E・HERO エアーマン》からサーチが可能で、さらに《マスク・チェンジ》から《M・HERO ダーク・ロウ》に繋げられるのも優秀。

f:id:bonkula-t:20160416203827p:plain

f:id:bonkula-t:20160416203835p:plain

《M・HERO ダーク・ロウ》は現在環境トップの【SR幻影彼岸】【青眼】に対して非常に刺さり、ダイヤモンドガイを採用することでアド獲得の期待値を上げながらこれを安定して出せるようになるため環境メタ的にも噛み合っている。

さらにダイヤモンドガイとM・HEROにシナジーを持つカードとして《マスク・チャージ》も三積みされているとこにも注目。

f:id:bonkula-t:20160416205611j:plain

これでダイヤモンドガイからの期待値をさらに上げつつ継続的なM・HERO展開も可能になる。上記の通りM・HERO展開は《命削りの宝札》とも噛み合っているため、三つのシナジーがきれいに繋がって、すごくええな。。

 

今回の命削りガイ型【HERO】構築を見て思ったこと、、まだまだ【HERO】伸びしろありますやん!