ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した新制限後の【EM竜剣士】デッキ考察

前環境の圧倒的№1デッキであり、ペンデュラムシステムの一つの到達点のような壊れた展開が強みだった【EM竜剣士】。
そのあまりの強さに2016年4月新制限で完膚なきまでに規制され、もう環境に浮上してくることはないと思われていたこのデッキですが、、

第1回陸前CS ベスト8【EM竜剣士】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

新環境でも結果を残しちょる!

 

 新制限での【EM竜剣士】弱体化ポイントは

①《EMモンキーボード》禁止、《EMドクロバット・ジョーカー》《EMペンデュラム・マジシャン》制限によるEMサーチの安定性低下
②《竜剣士ラスターP》《竜呼相打つ》制限による竜剣士ギミックの安定性低下

の二つ。これらを新たなカードでどこまで補完していけるかが新制限後【EM竜剣士】の構築ポイントになってきます。

まず①を補完するカードとして採用されていたのがこれ↓

f:id:bonkula-t:20160502200126p:plain

 Pゾーンが揃っていれば召喚・特殊召喚問わず任意のEMをサーチできる。このカードから《EMドクロバット・ジョーカー》《EMペンデュラム・マジシャン》をサーチすることでさらなるEMサーチ連鎖に繋げることができる。特に優秀なのはこの動き↓

《EMセカンドンキー》通常召喚から《EMペンデュラム・マジシャン》サーチ

f:id:bonkula-t:20160502201154p:plain

→《EMペンデュラム・マジシャン》P召喚し自身のPゾーン二枚破壊から《EMギタートル》《EMリザードロー》サーチ

f:id:bonkula-t:20160502201543p:plain

f:id:bonkula-t:20160502201337p:plain

エクストラデッキを肥やしつつドロー加速&ランク4展開まで可能なコンボ。この《EMセカンドンキー》を絡めた展開が新たなEMのサーチ&アド源として活躍できそうです。

EM枠は最近登場した新規カードも採用されていました↓

f:id:bonkula-t:20160502203846p:plain

f:id:bonkula-t:20160502204010p:plain

《EMラディッシュ・ホース》は自身の効果で特殊召喚でき、さらにP効果・モンスター効果ともに戦闘補助効果を持っていて、どちらの効果も相手のメタに対する対応力を高めてくれるのが優秀。
《EMブランコブラ》は爬虫類族というのがポイントで《キングレムリン》からのサーチ先として《EMリザードロー》と対をなすPスケールモンスターとして活用できる。
またこの二体はどちらもレベル4であるため、P召喚先としても扱いやすいのもポイント。

 

続いて②の竜剣士ギミックを補完するカードとして採用されていたのがこれ↓

f:id:bonkula-t:20160502230944p:plain

f:id:bonkula-t:20160502231001p:plain

手札に《予想GUY》とレベル4Pモンスターがあるだけで一気に竜剣士展開に繋げることができるのが強み。詳細はこちら↓

 

こうして見ると【EM竜剣士】、まだまだ戦えるやん!

全盛期はデッキスロットがカツカツだった印象のこのデッキも新制限後はかなりの空きが生まれたため、構築自由度が上がったのもデッキビルダーにとっては楽しめるポイント。新たな“伸びしろ”を見つける作業が捗りそうです。