ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【ウイルスDD】デッキ考察

2016年5月4日に開催した大会で上位入賞したデッキ↓

東北六遊祭2016 ベスト16-5A【DD】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

このデッキの特徴はメイン・サイド合わせてウイルスカードをフル投入しているところ。

f:id:bonkula-t:20160522153440p:plain

 融合DDもしくは《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》を媒体に発動できる。今の環境ではメインデッキモンスターの約半数が攻撃力1500以下といった構成になっているデッキがほとんどであるため、以外に汎用性が高い
【青眼】に対して使えばレベル1チューナーを壊滅させられるし、【SR幻影彼岸】に対しては墓地利用は許してしまうもののメインデッキモンスターのほとんどすべてが破壊対象になる。【DD】ミラーマッチでも強力に刺さり、墓地利用が苦手なペンデュラムデッキには確実にディスアドバンテージを負わせることができる。

 

f:id:bonkula-t:20160522160419p:plain

融合召喚が容易な《DDD神託王ダルク》を媒体に発動できる。今の環境は魔法多数、罠少数採用がデフォになっているので、基本的にどのようなデッキに対しても破壊対象は魔法で安定。Pゾーンカードも破壊できるところもおいしい。
またモンスターと違い魔法カードは墓地からのアド回復手段を持つものがほとんどないため破壊が確実に相手のディスアドバンテージに繋がるのも優秀。

 

f:id:bonkula-t:20160522161416p:plain

メインデッキのDDはほとんどが低ステータスであるため媒体対象には困らない。このカードは基本的に手札破壊よりもフィールド破壊をメインに発動したほうが効果が高い。例えば相手手札に攻撃力1500未満ばかりの場合でも、最終的にはそれらを用いてエクストラデッキから攻撃力1500以上のモンスターが展開されるため、手札破壊を狙って相手スタンバイフェイズにこのカードを発動するよりも、相手モンスターが展開しきったメインフェイズで発動するほうが破壊期待値が高くなる

“複数体の破壊が狙えるフリーチェーン罠”として見ればかなり強力で上記の通りフィールド破壊中心で発動すれば相手のデッキを選ばず機能させられる。ただ後半の効果により相手の墓地肥やしを助けてしまうデメリットがあるため、メイン・サイドどちらで採用するかはよく吟味したい。

 

《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》は「3ターンの間に相手がドローしたカード」にも破壊効果が付き、これにより相手のドロー効果に対しても牽制できるのが強み。特に今の環境は《強欲で貪欲な壺》や《増殖するG》といったドローカードがほとんどのデッキで採用されているため、これらのカードの発動を躊躇わせる(実質3ターンの間腐らせる)ことができるのもこちらにとっては大きなアドバンテージとなる。

ちなみに《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》を主軸としたウィルスデッキを組むなら【ブラック・マジシャン】もおすすめ。

f:id:bonkula-t:20160522165130p:plain

《ブラック・マジシャン》はステータス的にどちらのウィルスの媒体になることができ、特殊召喚手段も非常に豊富なためウィルス発動も容易。特に《永遠の魂》発動下なら実質ノーコストでウイルスが打てるようになるため、めちゃくちゃ強い!

f:id:bonkula-t:20160522164914p:plain

【ブラック・マジシャン】は最近絶賛超強化されたばかりで、大会でもちょくちょく結果を残すほどのポテンシャルはあるので、【ブラマジウイルス】、これはガチでもいけるんちゃうか!?