ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会上位の【ABC】構築に見る相性の良いカードとコンボ考察

2016年6月18日開催の大会で新テーマ【ABC】がさっそく結果を残しました

第13回でゅえりおホビステCS 4位【ABC】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

第13回でゅえりおホビステCS ベスト8【ABC】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

【ABC】のメインギミックはこちらの記事でまとめてあるので↓

この記事では上記のデッキで採用されていた【ABC】と相性の良いカードとそれらを使った展開について考察していきます。

 

まずどちらのデッキにも3積み採用されていたのがこの二枚↓

f:id:bonkula-t:20160619043928p:plain

f:id:bonkula-t:20160619043942p:plain

《シルバー・ガジェット》《ゴールド・ガジェット》共に①効果から手札のA・B・Cユニオンを特殊召喚することができ、

f:id:bonkula-t:20160619050853j:plain

f:id:bonkula-t:20160619050857j:plain

f:id:bonkula-t:20160619050856j:plain

手札に《シルバー・ガジェット》または《ゴールド・ガジェット》と《ユニオン格納庫》の二枚があればランク4を展開しつつ《ABC-ドラゴン・バスター》の特殊召喚に必要な素材を揃えることができる。

f:id:bonkula-t:20160619050854j:plain

f:id:bonkula-t:20160619050855j:plain

《シルバー・ガジェット》《ゴールド・ガジェット》はA・B・Cユニオンと属性・種族が共通であるため展開できるランク4の幅が広いのも強み。

 

続いてこれ↓

f:id:bonkula-t:20160619050852j:plain

A・B・Cユニオンや上記のガジェットの存在から手札コストには困らず、①効果から特殊召喚→②効果で二枚目の《銀河戦士》サーチしさらに特殊召喚することで召喚権を使わずに《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》⇒《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》の展開ができる

f:id:bonkula-t:20160619045859p:plain

f:id:bonkula-t:20160619050022p:plain

手札消費は激しいものの、《ABC-ドラゴン・バスター》は墓地リソースからも特殊召喚できるためA・B・Cユニオンは手札コストに使用してもほぼディスアドバテージにならない。それどころか手札にダブついたA・B・Cユニオンを一気に墓地に落とすことで《ABC-ドラゴン・バスター》の高速展開にも繋げられる。

 

f:id:bonkula-t:20160619050934p:plain

上記の《銀河戦士》を採用する場合に相性の良いカード。フィールドのA・B・Cユニオンまたは《シルバー・ガジェット》《ゴールド・ガジェット》をコストに《銀河戦士》をリクルートできる。特にA・B・Cユニオンはフィールドから墓地に送られることで③効果を発動できるため相性が良い。

この《トランスターン》と《ユニオン格納庫》の二枚から展開できるコンボがマジで壊れ

《ユニオン格納庫》発動から①効果で《A-アサルト・コア》サーチし通常召喚→《ユニオン格納庫》②効果から《B-バスター・ドレイク》装備→《A-アサルト・コア》を墓地に送って《トランスターン》発動し《銀河戦士》リクルート→《銀河戦士》②効果で二枚目の《銀河戦士》サーチ→墓地に送られた《B-バスター・ドレイク》③効果で《C-クラッシュ・ワイバーン》サーチ→手札の《銀河戦士》①効果から手札の《C-クラッシュ・ワイバーン》を捨てて特殊召喚→《銀河戦士》二体から《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》⇒《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》までX召喚→墓地のA・B・Cユニオンを除外し《ABC-ドラゴン・バスター》特殊召喚

手札二枚から《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》と《ABC-ドラゴン・バスター》を展開できるコンボ。はい、これ強すぎアウトー!

 

f:id:bonkula-t:20160619054702p:plain

音響戦士を採用すればこんな展開も可能になる↓

f:id:bonkula-t:20160619055033p:plain

《音響戦士ギータス》P効果から《音響戦士マイクス》をリクルートすれば召喚権を増やすことでランク4展開が狙いやすくなる。また《音響戦士マイクス》はレベル5機械族であるため《銀河戦士》と合わせて《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》展開に使うことも可能。

また《音響戦士ピアーノ》をリクルートすればこんな展開も↓

f:id:bonkula-t:20160619055339p:plain

自分または相手の場にフィールド魔法があり、手札に《音響戦士ギータス》とA・B・Cユニオンのいずれか一枚がある状態で

《音響戦士ギータス》P効果から《音響戦士ピアーノ》リクルートし通常召喚したユニオン(1)と合わせて《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》S召喚

f:id:bonkula-t:20160619061750p:plain

→《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》効果からフィールド魔法を破壊し《ユニオン格納庫》サーチ→《ユニオン格納庫》発動しユニオン(2)サーチ→《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》効果からユニオン(2)特殊召喚→《ユニオン格納庫》②効果からユニオン(3)装備→これでフィールドと墓地に三種のユニオンがそろうためそれらを除外し《ABC-ドラゴン・バスター》特殊召喚

キーカードである《ユニオン格納庫》をサーチしつつ《ABC-ドラゴン・バスター》を展開できるのが優秀なコンボ。

 

f:id:bonkula-t:20160619061433p:plain

①効果からレベル3扱いで特殊召喚し通常召喚したA・B・Cユニオンと合わせて《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》をS召喚することで上記と同じ展開が可能。

《こけコッコ》の①での特殊召喚は基本的に自分の先行1ターン目からしか狙えず、《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》でのフィールド魔法破壊からの《ユニオン格納庫》サーチを自前行わなければならないので、《チキンレース》のような他のフィールド魔法も複数採用する構築が求められる。

f:id:bonkula-t:20160619063906p:plain

このギミックを取り入れることで初動の《ユニオン格納庫》発動&《ABC-ドラゴン・バスター》展開をさらに安定させることができるようになる。

《こけコッコ》は先行1ターン目以外は②効果からレベル4としての特殊召喚を狙うことになるが、こちらもレベル4主体のこのデッキではランク4やレベル8シンクロ展開に使えるため相性が良い。

 

その他【ABC】と相性の良いカードはこちらで記事にしてます↓

 

こんな感じで早くも様々な強力ギミックが考案されている【ABC】。登場直後でここまで結果を残せるということは、、これは環境入り間違いないですわ。。