ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【磁石の戦士】でめっちゃ使える! 《怒気土器》カード考察

2016年7月9日発売の『インベイジョン・オブ・ヴェノム』で登場する新規カード↓

f:id:bonkula-t:20160709060919p:plain

手札の岩石族を捨てることでデッキの岩石族をリクルートできる効果が特徴で【岩石族】にとっては、ニッコリ間違いなしの優良サポートカードです

そして【岩石族】といえば最近大幅に強化されたテーマがあったじゃない!それが【磁石の戦士】

 というわけでこの記事では【磁石の戦士】での《怒気土器》の動きについて考察していきます。

 

展開パターン①

手札に《怒気土器》《岩石の番兵》がある状態で

f:id:bonkula-t:20160625164614j:plain

《怒気土器》通常召喚し①効果から《岩石の番兵》を捨て電磁石の戦士をリクルート→《岩石の番兵》①効果で自己蘇生し電磁石の戦士と合わせて《ゴルゴニック・ガーディアン》X召喚

f:id:bonkula-t:20160625164613j:plain

岩石族最大の強みである《岩石の番兵》の墓地落としと《ゴルゴニック・ガーディアン》展開を同時に行えるコンボ。リクルートした電磁石の戦士のサーチ効果からアド回復もでき、実質手札消費一枚で手札・フィールド・墓地状況を良くできるのが強み。

 

展開パターン②

手札に《怒気土器》《マグネット・フィールド》とレベル3電磁石の戦士がある状態で

f:id:bonkula-t:20160625090708p:plain

《怒気土器》通常召喚し①効果から手札の電磁石の戦士を捨て、デッキから任意の電磁石の戦士をリクルート→《マグネット・フィールド》①効果から捨てた電磁石の戦士を蘇生→電磁石の戦士二体で《ゴルゴニック・ガーディアン》X召喚

《怒気土器》を使うことで《マグネット・フィールド》の蘇生効果を初動から使えるようになるのがポイント。また《マグネット・フィールド》②効果を使うことで効果使用後の《怒気土器》も自爆除去要員として活用できるのもオイシイ。

 

展開パターン③

手札に《怒気土器》とレベル4磁石の戦士がある状態で

《怒気土器》通常召喚し①効果からレベル4磁石の戦士を捨て、《干ばつの結界像》または《フォッシル・ダイナ パキケファロ》リクルート

f:id:bonkula-t:20160625160948p:plain

f:id:bonkula-t:20160625160932p:plain

手札に来てしまうと腐りがちなレベル4磁石の戦士を強力な特殊召喚封じ効果を持つモンスターに変換できる。《干ばつの結界像》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》共に現在環境トップの【DD】【青眼】に対して非常に刺さり、これらのカードとレベル4磁石の戦士を複数枚採用したメタビ型【磁石の戦士】なんて構築も面白そう。

 

展開パターン④

手札に《怒気土器》とレベル8磁石の戦士がある状態で

《怒気土器》通常召喚し①効果からレベル8磁石の戦士を捨て、《地球巨人 ガイア・プレート》リクルート

f:id:bonkula-t:20160625164612j:plain

戦闘では鬼の強さを持つ《地球巨人 ガイア・プレート》をお手軽に展開できる。レベル8磁石の戦士には《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》の二種があり、

f:id:bonkula-t:20160625164615j:plain

f:id:bonkula-t:20160625164229p:plain

これらは《電磁石の戦士α》からもサーチできるためかなり狙いやすい。

f:id:bonkula-t:20160625164408p:plain

《超電導戦機インペリオン・マグナム》の融合召喚を狙った構築ではこれらレベル8磁石の戦士を複数採用するため、融合展開が行えない状況での事故防止ギミックとしても活用できる。

また《地球巨人 ガイア・プレート》は自身も緩い特殊召喚条件を持っているため手札に来ても簡単に展開でき、単純に【磁石の戦士】と相性が良い。

 

《怒気土器》が登場すればいろんなタイプの【磁石の戦士】構築が捗ることは間違いないでしょう。