ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

7年ぶりの【エーリアン】新規!《「A」細胞組み換え装置》カード考察

2016年7月9日発売の『インベイジョン・オブ・ヴェノム』で登場する新規カード↓

f:id:bonkula-t:20160709055217p:plain

7年ぶりの【エーリアン】新規カード。ずいぶん塩漬けされたテーマを掘り起こしたもんだ。。

 

このカードが登場したことで【エーリアン】最大の強みである《宇宙砦ゴルガー》をより安定して展開できるようになった。

f:id:bonkula-t:20160704103908j:plain

《「A」細胞組み換え装置》①効果からレベル4エイリアンの墓地落としをすることで《エーリアンモナイト》から即座に《宇宙砦ゴルガー》をS召喚できる下地を作ることができ、②効果からその《エーリアンモナイト》もサーチできる。

f:id:bonkula-t:20160704103906j:plain

これにより1ターンのタイムラグはあるものの、このカード一枚から《宇宙砦ゴルガー》展開が可能になるのであります。

《「A」細胞組み換え装置》を使った理想的な動きはこんな感じ↓

《「A」細胞組み換え装置》発動しデッキから《エーリアン・テレパス》を墓地に送り相手モンスターにAカウンターを4つ置く

f:id:bonkula-t:20160704103907j:plain

→《エーリアンモナイト》通常召喚し効果で《エーリアン・テレパス》蘇生→《エーリアン・テレパス》効果でAカウンター1つを取り除き相手の魔法・罠を破壊→《エーリアンモナイト》と《エーリアン・テレパス》で《宇宙砦ゴルガー》S召喚し効果でAカウンター2つを取り除き相手モンスターを破壊

こんな感じで《「A」細胞組み換え装置》を絡めることで相手の盤面を破壊しつつ《宇宙砦ゴルガー》をお手軽展開できるのが強み。

 

また《宇宙砦ゴルガー》はセルフバウンスモンスターとしても非常に優秀であり、このカードを安定展開できるようになったことで、セルフバウンスギミックを活かした構築を行えるようになる。その中でも相性の良いカードがこれら↓

f:id:bonkula-t:20160704095247p:plain

f:id:bonkula-t:20160704095821p:plain

f:id:bonkula-t:20160704095530p:plain

これらのカードを《宇宙砦ゴルガー》で何度も再利用し、貯めたAカウンターでさらにカード破壊していくことで凶悪なボードコントロールが可能になる。これは楽しすぎー!

 

《宇宙砦ゴルガー》を安定展開させるギミックとしては他にもこんなものがあります↓

《キングレムリン》活用

f:id:bonkula-t:20160704101412p:plain

f:id:bonkula-t:20160704103904j:plain

《エーリアン・ソルジャー》を絡めて《キングレムリン》をX召喚し効果で《エーリアンモナイト》をサーチすることで即座に《宇宙砦ゴルガー》展開の下地を揃えられる。
《エーリアン・ソルジャー》は通常モンスターであるため、《レスキューラビット》《予想GUY》を絡めることで簡単にランク4展開を狙えるのが強み。

f:id:bonkula-t:20160704101441p:plain

f:id:bonkula-t:20160704101602p:plain

 

《青き眼の賢士》活用

f:id:bonkula-t:20160704104112p:plain

通常召喚から《エーリアンモナイト》のサーチが行える。《光の聖堂》や《ブリリアント・フュージョン》で召喚権を増やせばそのまま《エーリアンモナイト》の展開にも繋げられる。

f:id:bonkula-t:20160704102649p:plain

f:id:bonkula-t:20160704104314p:plain

《光の霊堂》は②効果から《エーリアン・ソルジャー》の墓地送り、《ブリリアント・フュージョン》は融合素材として《エーリアン・キッズ》を墓地に送ることで《エーリアンモナイト》での蘇生先も用意できるため相性が良い。

f:id:bonkula-t:20160704103905j:plain

 

これらの《宇宙砦ゴルガー》展開安定ギミックと、セルフバウンスカードを大量採用した【バウンスエーリアン】を組めばかなりいい線いくんじゃないでしょうか。

【エーリアン】の7年越しのインデペンデンスデイ(独立記念日)、ええな。