ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

超高性能なフィニッシャー!《サイバー・エンジェル-美朱濡-》カード考察

2016年7月9日発売の『インベイジョン・オブ・ヴェノム』で登場する新規カード↓

f:id:bonkula-t:20160709054359p:plain

【サイバー・エンジェル】の新規儀式モンスターであり、そのフィニッシャーとしての性能はピカイチ

 

まず①効果がとにかく強力。相手のエクストラデッキモンスター全破壊+バーン+連続攻撃・・・なんだこれ。

相手フィールドがエクストラデッキモンスターのみで二体以上いる状態なら
《サイバー・エンジェル-美朱濡-》単体でワンキルが成立する。もちろんそれ以外の状況でもこれ一体から相手に壊滅的なダメージを与えることは必須。

 

また②効果により破壊に対しても強く、単純な破壊耐性とは違い「破壊の効果を無効にする」ことから自分フィールドの他のカードも破壊効果から守れるのも魅力。そのため展開後の制圧力もなかなか高く、【サイバー・エンジェル】のキーカードである《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》も守れることでこちらに有利な盤面を維持しやすくなるのも強み。

f:id:bonkula-t:20160705200818p:plain

「自分の墓地の儀式モンスターをデッキに戻す」という発動コストも儀式モンスターを積極的に儀式素材にしていく【サイバー・エンジェル】なら余裕。

 

《サイバー・エンジェル-美朱濡-》唯一の弱点はレベル10という儀式モンスターとしての"重さ”だが、《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》と《サイバー・プチ・エンジェル》の存在から【サイバー・エンジェル】は儀式パーツを集めやすいため、レベル10モンスターであってもそこまで儀式召喚には困らない

同名カードを儀式素材にすれば一枚のリリースコストで済むし、《マンジュ・ゴッド》とレベル6サイバー・エンジェル、

f:id:bonkula-t:20160705202825p:plain

f:id:bonkula-t:20160705202619p:plain

f:id:bonkula-t:20160705202630p:plain

《サイバー・プチ・エンジェル》と《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》

f:id:bonkula-t:20160705201543p:plain

f:id:bonkula-t:20160705202558p:plain

といった組み合わせでも手札消費を最小限に抑えることができる。

 

サーチカードの豊富さを活かした安定した儀式召喚が強みだった【サイバー・エンジェル】に今回の《サイバー・エンジェル-美朱濡-》というエゲつないフィニッシャーが加わることで、、これは相当恐ろしいデッキに化けるんやないか。。?