読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で準優勝した【竜星】デッキ考察

2016年7月17日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

Clover Game 1st 2位A【竜星】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

【竜星】といえば最近登場した《源竜星-ボウテンコウ》の優秀さが注目されていたテーマですが↓

f:id:bonkula-t:20160728182343p:plain

 やっぱりボウテンコウは強かった。

 

【竜星】は共通のリクルート効果で盤面を維持しつつシンクロ召喚に繋げていくというのがこれまでのメイン戦略でしたが、今の環境で“相手の攻撃待ち”はあまりに遅すぎる。

そこでこのデッキでは能動的にシンクロ展開に繋げられるようなカードを採用しています↓

f:id:bonkula-t:20160728183139p:plain

①効果から手札の下級モンスターを特殊召喚することで即座にシンクロ展開に繋げられる。レベル3モンスターと合わせれば初動から《源竜星-ボウテンコウ》のS召喚も可能。

 

f:id:bonkula-t:20160728183443p:plain

f:id:bonkula-t:20160728183451p:plain

おなじみSR出張。単体でのランク3展開の使いやすさはもちろん、このデッキではレベル2チューナーとこのギミックを合わせることで以下の強力な展開が可能になる↓

パターン1:相手カード三枚除去しつつ《輝竜星-ショウフク》展開+竜星カードサーチ

f:id:bonkula-t:20160728184458p:plain

《SRベイゴマックス》特殊召喚から効果で《SRタケトンボーグ》サーチし特殊召喚→レベル2チューナーを通常召喚しSR一体と合わせて《源竜星-ボウテンコウ》S召喚から①効果で竜星カードサーチ→ボウテンコウ②効果でデッキからレベル4幻竜族を墓地に送り自身のレベルを4に変更→ボウテンコウともう一体のSRで《邪竜星-ガイザー》S召喚

f:id:bonkula-t:20160728190929p:plain

→《源竜星-ボウテンコウ》③効果で竜星モンスターリクルート→《邪竜星-ガイザー》②効果で竜星モンスターを破壊し相手カード1枚破壊(※1)→破壊された竜星効果から《光竜星-リフン》リクルート

f:id:bonkula-t:20160728185652p:plain

→《邪竜星-ガイザー》と《光竜星-リフン》で《輝竜星-ショウフク》S召喚し①効果で相手カード二枚をデッキバウンス(※2)

 

パターン2: 相手カード一枚除去しつつ《幻竜星-チョウホウ》展開(闇属性メタ)+竜星カードサーチ

f:id:bonkula-t:20160728185712p:plain

パターン1(※1)から→破壊された竜星効果から《闇竜星-ジョクト》リクルートし《邪竜星-ガイザー》と合わせて《幻竜星-チョウホウ》S召喚

 

パターン3:相手カード三枚除去しつつ《幻竜星-チョウホウ》展開(光属性メタ)

パターン1(※2)から→《源竜星-ボウテンコウ》①効果でサーチした竜星魔法・罠をセット→《輝竜星-ショウフク》②効果でセットしたカードを破壊し《光竜星-リフン》蘇生から二体で《幻竜星-チョウホウ》S召喚

 

 ちなみに《闇竜星-ジョクト》②効果から《水竜星-ビシキ》《地竜星-ヘイカン》をリクルートした場合でも上記3パターンと同じ展開が可能。

f:id:bonkula-t:20160728192351p:plain

f:id:bonkula-t:20160728192525p:plain

f:id:bonkula-t:20160728192710p:plain

 

上記のコンボを見ても分かる通り、今の【竜星】は除去で切り返しながら属性メタ効果を持つ《幻竜星-チョウホウ》を展開できるというのが大きな強み。

光属性メタなら【ABC】、闇属性メタなら【DD】に対して非常に刺さるため、今の環境なら【竜星】は、、かなりワンチャンあるで!