ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【クリストロン】と相性の良いカードまとめ

『インベイジョン・オブ・ヴェノム』で登場した新テーマ【クリストロン】↓

このテーマと相性の良いカードをこの記事ではまとめていきます。

 

f:id:bonkula-t:20160730183151j:plain

“相手ターンでのシンクロ召喚”を主軸にした戦略を取る【クリストロン】と非常に親和性の高いカード。このカードを絡めることで“相手ターンでのSモンスター展開からの妨害”という【クリストロン】理想の動きを強烈に後押しできる。

ちなみにこのカードは《テラ・フォーミング》と合わせて3積み採用推奨。手札でダブっても非チューナークリストロンの①効果で破壊すれば無駄がなく、事故の心配なく安定性につながるため。

 

f:id:bonkula-t:20160801023735p:plain

《水晶機巧-クオン》とこのカードを組み合わせることで相手ターンにレベル7シンクロが可能になる↓

f:id:bonkula-t:20160801024535p:plain

《水晶機巧-クオン》効果で相手ターンに手札の《ファラオの化身》と合わせて《水晶機巧-クオンダム》S召喚

f:id:bonkula-t:20160801024450p:plain

→《ファラオの化身》効果で自己蘇生→《水晶機巧-クオンダム》①効果からそのまま相手ターン中に《ファラオの化身》と合わせてレベル7シンクロへ

《水晶機巧-クオン》は非チューナークリストロン効果から安定してリクルートできるため非常に狙いやすいコンボ。《水晶機巧-クオン》単体だと機械族Sモンスターしか展開できない縛りがあるものの、《水晶機巧-クオンダム》を経由することで任意のレベル7シンクロが展開できるようになるのがポイント。

 

f:id:bonkula-t:20160804065922j:plain

詳細はこちら↓

 

f:id:bonkula-t:20160801025200p:plain

f:id:bonkula-t:20160804073820p:plain

f:id:bonkula-t:20160730183152j:plain

相手ターンにS召喚する【クリストロン】はその性質から蘇生罠と非常に相性が良い。チューナーである《水晶機巧-クオン》《水晶機巧-シトリィ》を蘇生すれば自身の効果からそのまま相手ターン中にS召喚に繋げられるし、《水晶機巧-クオンダム》《アクセル・シンクロン》S召喚後に非チューナーモンスターを蘇生させそのままさらに高レベルシンクロへといった展開も可能。

 

f:id:bonkula-t:20160801030521p:plain

チューナークリストロンと合わせれば奪った相手モンスターとでシンクロ召喚、非チュナークリストロンと合わせれば奪った相手モンスターを①効果の破壊コストに利用できると、【クリストロン】では非常に扱いやすいコントロール奪取カードとして機能する。

 

f:id:bonkula-t:20160801031917p:plain

f:id:bonkula-t:20160801032309p:plain

f:id:bonkula-t:20160730183150j:plain

f:id:bonkula-t:20160730183149j:plain

非チューナークリストロンと相性の良いカード。いずれも破壊コストとして使用しつつアド獲得ができる。

 

登場当初は評価の低かった【クリストロン】ですが、こうして見ると相当伸びしろあるでコレ。