ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

サイドデッキ《カオスハンター》の採用率が急上昇している理由

最近環境のサイドデッキで急速に採用率を上げているカードがあります。それがこれ↓

f:id:bonkula-t:20160823224328j:plain

この《カオスハンター》、現在環境トップである【ABC】対策としてめちゃくちゃ有効らしい。。

 

【ABC】の初動で最も強い動きが光属性のレベル4特殊召喚モンスターと《ユニオン格納庫》から《武神帝-ツクヨミ》を経由し《ABC-ドラゴン・バスター》を特殊召喚するコンボなのですが、

f:id:bonkula-t:20160823220920p:plain

f:id:bonkula-t:20160823223947p:plain

f:id:bonkula-t:20160823223914p:plain

《武神帝-ツクヨミ》がX召喚されたタイミングで手札の《カオスハンター》を特殊召喚することでその後の《ABC-ドラゴン・バスター》展開を防ぐことができる

さらに《カオスハンター》の特殊召喚は手札誘発なので相手先行1ターン目でも妨害できるというのが大きく評価されているポイント。

特殊召喚に手札コスト一枚が必要なのは少々重くも見えるが《カオスハンター》は上級クラスの攻撃力を持っているというのも優秀で、初動からの《ABC-ドラゴン・バスター》展開を封じつつ返しのターンで《武神帝-ツクヨミ》を戦闘破壊、さらに相手の除去リソースも使わせると考えればテンポアド・カードアド的にも十分こちらが有利を取れる。

 

《カオスハンター》の除外メタ効果は【ABC】のみならず、【SR幻影彼岸】【インフェルノイド】【影霊衣】【霊獣】などにも刺さり、以外に幅広いデッキをメタれるという点も強し。こうしてみると今まで採用されてこなかったのが不思議なくらいですね。

 

また《カオスハンター》の除外封じ効果は“相手のみ”に影響を与えるため、除外系デッキのミラーマッチ対策としても採用できる。特に【ABC】【SR幻影彼岸】【インフェルノイド】なんかは手札コストがディスアドバンテージになりづらいデッキであるため、“採用する側”としても相性の良いカードだったりします。