ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【DD】で《水晶機巧-フェニキシオン》が採用されている理由

最近【DD】で《水晶機巧-フェニキシオン》の採用をちょくちょく見かけます。

f:id:bonkula-t:20160902191451p:plain

フィールドに《DDD疾風王アレクサンダー》《DDラミア》《DD魔導賢者ケプラー》の三体を揃え、ラミアとケプラーから《フォーミュラ・シンクロン》をS召喚し《DDD疾風王アレクサンダー》と合わせることで展開できる《水晶機巧-フェニキシオン》。

 

このカードの採用理由は【メタルフォーゼ】対策として。

【DD】展開の基本は《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《DDD呪血王サイフリート》をフィールドに揃えることなのですが、

f:id:bonkula-t:20160902193934p:plain

f:id:bonkula-t:20160902193943p:plain

対【メタルフォーゼ】では《DDD呪血王サイフリート》の魔法・罠メタがそこまで機能してくれないのですな。効果を無効するだけという性質上、P召喚そのものへの牽制はできないというのが一番痛いポイント。

そこで《DDD呪血王サイフリート》の代わりに魔法・罠をまとめて除外というPゾーンへの最高のメタ効果を持つ《水晶機巧-フェニキシオン》を展開することで【メタルフォーゼ】への制圧力を高めるといのがこのカード採用の理由。

↑の【DD】基本展開パターンの中ではパターンCとDで《DDD呪血王サイフリート》の代わりに《水晶機巧-フェニキシオン》を展開することができる。

《フォーミュラ・シンクロン》の効果から相手ターンでも《水晶機巧-フェニキシオン》S召喚、魔法・罠の除外ができるというのもポイント。

 

同じく【メタルフォーゼ】へのペンデュラム対策として《DDD双暁王カリ・ユガ》の展開力を上げた構築も現在主流になってきており↓

f:id:bonkula-t:20160902193611p:plain

この構築に《水晶機巧-フェニキシオン》を採用することで、より【メタルフォーゼ】に強い【DD】デッキができそうです。