ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《迷い風》の登場でツィオルキンデッキが強化される!?

2016年10月8日発売の『レイジング・テンペスト』で登場した新カード《迷い風》

f:id:bonkula-t:20161009144109p:plain

新たな汎用罠キター!

 ①の効果は特殊召喚されたモンスターに対してならフリーチェーンで発動でき、効果無効・コンバットトリックどちらの用途としても使える。またこの弱体化は永続的に適用されるため、発動ターンにその相手モンスターを処理できなくても無力化した状態は維持できるのもポイント高し。

②効果は相手のエクストラデッキ特殊召喚をトリガーに墓地から再利用できる効果。セットされるという性質上そのターン中に発動できないのは難点だが、次の自ターンに発動し相手モンスターを無力化してからこちらの展開を通して切り返すというプレイングに使える。

エクストラデッキを活用するデッキに対しては“二回使える汎用罠”として機能し、普通に環境レベルでも活躍できそう。とりあえずサイドデッキに忍ばせておけば幅広い場面で活躍できるでしょう。環境しだいではメインデッキから使うのも大アリ。

 

またこの《迷い風》はその②効果から《アルティマヤ・ツィオルキン》とめちゃくちゃ相性が良い。

f:id:bonkula-t:20161009151232p:plain

相手ターンにセットできることから相手ターンでも《アルティマヤ・ツィオルキン》のリクルート効果が狙えるようになるのですな。相手がエクストラデッキからモンスターを展開したらこちらは自動的にそれ以上の展開が可能になるというわけ。

その性質からフィールドに《アルティマヤ・ツィオルキン》、墓地に《迷い風》がある状態では相手は気軽にエクストラデッキ展開ができなくなり、疑似的な相手へのエクストラデッキ封じにもなる。

このコンボから《アルティマヤ・ツィオルキン》を展開できるデッキで《迷い風》はもはや必須カードといえるんじゃないでしょか。少なくともサイドデッキでは絶対3積みすべき!

 

《迷い風》は分かりやすい1:1交換や無効破壊カードではありませんが、うまく使えばそれ以上のアド差をつけることができ、他のカードと合わせて切り返したりコンボ利用ができることから、使いこなすとすごい玄人っぽいカードでもあります。

脳筋《神の通告》ドヤぁ!より、《迷い風》で相手のカードをうまく捌きながら盤面構築していく戦い方のほうが、おしゃれじゃない?