読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【芝刈PSYノイド】デッキ考察

2016年11月13日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

第5回広島CS with はっちCS 4位【芝刈PSYノイド】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

【芝刈ノイド】にPSYギミックを出張したデッキで、PSYの手札誘発により相手先行の展開を妨害できるようになっているのがこのデッキの強みその一

f:id:bonkula-t:20161118141644p:plain

f:id:bonkula-t:20161118142234j:plain

 他の手札誘発と違い、PSYチューナーはいずれも特殊召喚モンスターなので《モンスターゲート》《名推理》での墓地肥やしを邪魔しない点が優秀。

f:id:bonkula-t:20161118143333p:plain

f:id:bonkula-t:20161118143327p:plain

 

さらにこのデッキでは《PSYフレーム・オーバーロード》も3積みされていて、このカードの②効果が墓地肥やしと非常に相性が良い。

f:id:bonkula-t:20161118142235j:plain

墓地肥やしカードから《PSYフレーム・オーバーロード》が落ちれば、そこから任意のPSYチューナーのサーチに繋げることができる。②効果は墓地に落ちたターンこそ使えないものの、
自ターンで墓地肥やし→次の相手ターンで墓地の《PSYフレーム・オーバーロード》②効果発動→サーチしてきたPSYチューナーで相手展開の妨害
と動けば遅さも気にならない。

 《PSYフレーム・オーバーロード》が手札に来てしまった場合もこのデッキは手札コストカードが豊富なため処理に困ることもなく、手札に 《PSYフレーム・オーバーロード》とPSYモンスターがある状態ならセットから①効果を狙うといったプレイングもアリ。

 

PSYチューナーはこちらにモンスターが存在しない場合しか発動できない枷があるが、《PSYフレームロード・Ω》なら①効果を使うことで能動的に発動条件を満たせる。

f:id:bonkula-t:20161118141111p:plain

《PSYフレームロード・Ω》は【インフェルノイド】とも相性が良く、S召喚を狙いやすいところも好相性。
自ターンにPSYチューナーを発動することができれば、PSYギミックだけで《PSYフレームロード・Ω》をS召喚できるのもオイシイですね。

 

【芝刈ノイド】はデッキの枚数を60枚にするという構築上デッキスロットに余裕があるため、このようにPSYギミックを潤沢に組み込めるというところも一つの特徴ですな。