読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

ドローが超捗る!《トレード・イン》採用型【十二獣壊獣】デッキ考察

【十二獣壊獣】に《トレード・イン》採用、ありなんちゃうか!?

f:id:bonkula-t:20161208211941p:plain

という天からのお告げを受信したので早速カタチにしてみた↓

 

《トレード・イン》採用型【十二獣壊獣】サンプルレシピ

十二獣モルモラット×3 
十二獣ヴァイパー×3 
十二獣サラブレード×3 
熱血獣王ベアーマン×1
海亀壊獣ガメシエル×2
怪粉壊獣ガダーラ×1
怒炎壊獣ドゴラン×2
増殖するG×3 
幽鬼うさぎ×3 

妨げられた壊獣の眠り×3
ハーピィの羽根帚×1
貪欲な壺×1
トレード・イン×3
コズミック・サイクロン×1
炎舞-「天キ」×3
十二獣の会局×3

次元障壁×3
十二獣の方合×1

(エクストラ・サイドデッキは割愛)

 

《トレード・イン》のコストとなるのは《熱血獣王ベアーマン》とレベル8壊獣。

f:id:bonkula-t:20161208203911p:plain

f:id:bonkula-t:20161208212043p:plain

f:id:bonkula-t:20161208212140p:plain

f:id:bonkula-t:20161208212114p:plain

特に《熱血獣王ベアーマン》は《十二獣ブルホーン》からいつでもサーチできるため《トレード・イン》が手札で腐ることがほとんどないのが最大の強み。

f:id:bonkula-t:20161206044707p:plain

また《熱血獣王ベアーマン》は“モルモラット展開”から《熱血指導王ジャイアントレーナー》に繋げ3ドローする動きも強力で、

f:id:bonkula-t:20161208203852p:plain

先行1ターン目ならこちらの動き、それ以外では《トレード・イン》のコストとして使うことで《熱血獣王ベアーマン》を無駄なく活用できる。

前回記事の「ベアーマンは【十二獣】でオワコン説」を早速手のひら返ししていくスタイル

 

一度墓地に送られた《熱血獣王ベアーマン》は《貪欲な壺》《ダイガスタ・エメラル》効果からデッキに戻すことで、再び《十二獣ブルホーン》からサーチ⇒《トレード・イン》といった動きに使える。

f:id:bonkula-t:20161208215348p:plain

f:id:bonkula-t:20161208215424p:plain

↑これらのカードは十二獣とも相性が良く、さらなるドロー加速に繋げられるのもいいですね。ドロー祭りじゃワッショイワッショイ!

 

【十二獣壊獣】本来の強みをほとんど崩さずにドロー加速を実現させたこのデッキ。個人的にもかなりガチで行けそう感、ある!

 

遊戯王シングルカード トレード・イン ノーマル sd13-jp018

遊戯王シングルカード トレード・イン ノーマル sd13-jp018