読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【十二獣召喚獣シャドール】デッキ考察

2016年12月17日に開催された大会(2017年1月1日リミットレギュレーション環境)で上位入賞したデッキ↓

第26回トレカマニア尼崎遊戯王CS 3位【十二獣召喚獣シャドール】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

《影依融合》に加え、《十二獣ブルホーン》⇒《月光黒羊》からサーチ可能な《融合》、《召喚師アレイスター》からサーチ可能な《召喚魔術》と三枚の融合カードを活用できるのがこのデッキの特徴で、

f:id:bonkula-t:20161223065632p:plain

f:id:bonkula-t:20161223065709p:plain

f:id:bonkula-t:20161223063322p:plain

 あらゆる場面で多角的な融合召喚が狙えるのが強み。

 

その中でもこのデッキならではの強ムーブがこれ↓

十二獣+シャドール展開パターン

フィールドに《十二獣モルモラット》、手札に《シャドール・ヘッジホッグ》がある状態で

f:id:bonkula-t:20161223071333p:plain

f:id:bonkula-t:20161223065801p:plain

モルモラット展開から二体の《十二獣ブルホーン》を揃えそれぞれの②効果から《
月光黒羊》《月光彩雛》サーチ

f:id:bonkula-t:20161223071319p:plain

f:id:bonkula-t:20161223071305p:plain

f:id:bonkula-t:20161223071443p:plain

→X素材が多い方のブルホーンに重ねて《十二獣ドランシア》X召喚

f:id:bonkula-t:20161223071706p:plain

→《月光黒羊》①効果から《融合》サーチ→《融合》発動し手札の《シャドール・ヘッジホッグ》と《月光彩雛》を素材に《エルシャドール・ミドラーシュ》融合召喚

f:id:bonkula-t:20161223070958p:plain

→《月光彩雛》②効果で《融合》サルベージ→《シャドール・ヘッジホッグ》②効果で《シャドール・ビースト》サーチ

f:id:bonkula-t:20161223071033p:plain

→《融合》発動し手札の《シャドール・ビースト》とフィールドの《十二獣ブルホーン》を素材に《エルシャドール・シェキナーガ》融合召喚

f:id:bonkula-t:20161223071231p:plain

→《シャドール・ビースト》②効果で1ドロー

最終盤面:《エルシャドール・ミドラーシュ》《エルシャドール・シェキナーガ》《十二獣ドランシア》

 

召喚獣+シャドール展開パターン

手札に《シャドール・ヘッジホッグ》《召喚師アレイスター》+レベル4特殊召喚モンスターの三枚がある状態で

f:id:bonkula-t:20161223063307p:plain

レベル4特殊召喚モンスターと《召喚師アレイスター》を場に出し二体で《十二獣ブルホーン》X召喚→ブルホーン②効果でX素材のアレイスターを取り除き《月光黒羊》サーチ→《月光黒羊》①効果で《融合》サーチ→ブルホーン⇒任意の十二獣Xモンスター⇒二枚目のブルホーンと重ねてX召喚→ブルホーン②効果で《月光彩雛》サーチ→《融合》発動し手札の《シャドール・ヘッジホッグ》と《月光彩雛》を素材に《エルシャドール・ミドラーシュ》融合召喚→《月光彩雛》②効果で《融合》サルベージ→《シャドール・ヘッジホッグ》②効果で《シャドール・ビースト》サーチ→《融合》発動し手札の《シャドール・ビースト》とフィールドの《十二獣ブルホーン》を素材に《エルシャドール・シェキナーガ》融合召喚→《シャドール・ビースト》②効果で1ドロー→《召喚魔術》発動し墓地のアレイスターと闇属性を素材に《召喚獣カリギュラ》融合召喚

f:id:bonkula-t:20161223063207p:plain

→《召喚魔術》②効果から《召喚師アレイスター》サルベージ

最終盤面:《エルシャドール・ミドラーシュ》《エルシャドール・シェキナーガ》《召喚獣カリギュラ》(実質手札消費1枚)

 

これが融合次元ソリティアか。。

特に召喚獣ルートは《エルシャドール・シェキナーガ》と《召喚獣カリギュラ》を揃えることで、シェキナーガ①効果でモンスター効果を無効破壊⇒カリギュラ効果でその後のモンスター効果の発動を封じるという完封コンボがイイ感じ。

 

ただこのデッキは十二獣、召喚獣、シャドールと三つのテーマをミックスさせているため、メインデッキはもちろん、エクストラデッキがめちゃカツカツになってしまうのが難点。

もっとスッキリした構築にしたいなら【十二獣シャドール】↓

または【召喚獣シャドール】とテーマを絞るのもアリですね。