読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《黒牙の魔術師》《紫毒の魔術師》は【ブラック・マジシャン】とも相性が良い・・・だと!?

ストラクチャーデッキ -ペンデュラム・エボリューション-』で登場した新規魔術師の《黒牙の魔術師》《紫毒の魔術師》。

f:id:bonkula-t:20161224062413p:plain

f:id:bonkula-t:20161224062420p:plain

この二枚、普通に【ブラック・マジシャン】と相性良くね!?

《黒牙の魔術師》はP効果から相手モンスターの攻撃力を半分にしつつ、自壊後に《ブラック・マジシャン》蘇生から弱体化した相手モンスターを戦闘破壊という動きができ、《紫毒の魔術師》はP効果から《ブラック・マジシャン》の戦闘補助をしつつ、自壊後はさらに相手カード一枚の破壊ができる。

 

どちらもP効果⇒自壊後のモンスター効果という使い方になり、使用感としては魔法カードと同じであるため、現在の【ブラック・マジシャン】にそのまま出張してもデッキのバランスを崩さずに扱える。

f:id:bonkula-t:20161224063120p:plain

【ブラック・マジシャン】に《黒牙の魔術師》《紫毒の魔術師》の二枚を出張するだけでも使えそうですが、魔術師要素をさらに拡張し【ブラマジ魔術師】構築にするのも面白そう。

魔術師のPスケールなら《ブラック・マジシャン》をP召喚で展開することができ、魔術師の比率が上がることで《星霜のペンデュラムグラフ》《時空のペンデュムラムグラフ》も扱えるようになる。

 

これは魔術師の強化で【ブラック・マジシャン】も新たなステージへキタな。

 

遊戯王ARC-V OCG ストラクチャーデッキ ペンデュラム・エボリューション

遊戯王ARC-V OCG ストラクチャーデッキ ペンデュラム・エボリューション